旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

「第8回 大学生対抗IRプレゼンコンテスト」参加報告

2024年03月02日18時40分 / 提供:PR TIMES

ウェルスナビ、学生の金融リテラシー向上に向けたイベントに協賛

預かり資産・運用者数 国内No.1ロボアドバイザー(※)「WealthNavi(ウェルスナビ)」を提供するウェルスナビ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:柴山和久、以下「当社」)は、2024年2月16日に東京証券取引所内で開催された、学生投資連合USIC主催「第8回 大学生対抗IRプレゼンコンテスト」に協賛企業として参加いたしました。
[画像: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/14586/326/14586-326-564a2d80aa705daa62d6ed1362dbc1ed-3299x2198.jpg?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]

「大学生対抗IRプレゼンコンテスト」は、大学の投資サークルが上場企業のIR・広報担当者に取材し、独自の視点で企業分析し、IRプレゼンテーションを行うイベントです。学生の金融リテラシー向上を目指す「学生投資連合USIC」が主催し、本イベントは2016年に始まって今年で8回目を迎えました。今回は13大学が参加し、大学とペアを組んだ上場企業14社が参加しました。

当社のプレゼンテーションは、一橋大学投資サークルTOWALYが担当しました。ロボアドバイザー事業の概要や収益モデル、成長戦略に関する分析を踏まえて、学生ならではの目線から新規事業も提言いただきました。
参加した学生の声
IRコンテスト参加前は、ウェルスナビのサービスを表面的にしか知りませんでしたが、リサーチをする中で、「働く世代に豊かさを」というミッションをまさに体現したサービスだと知りました。顧客のことを一番に考えたサービス設計であることも、印象的でした。惜しくも入賞は逃しましたが、企業の方に直接話を聞いて、プレゼンテーションを作れたのは貴重な経験となりました。

当社では、働く世代が「長期・積立・分散」の投資を継続できるよう、情報発信に注力しております。今後も、金融リテラシー向上につながる情報発信を通じ、働く世代が安心して資産形成に取り組める社会の実現を目指してまいります。
■学生投資連合USICとは
全国32大学1,100人以上で構成される学生団体。2008年の創設以来、「日本を学生から金融大国に」というビジョンのもと、学生の金融リテラシー向上に取り組んでいる。主な活動内容は、国内外の金融関係企業と合同で開催する勉強会・セミナーの運営、学生向け金融・投資のフリーペーパー「SPOCK」(累計発行部数24万部)の発行、全国の上場企業・大学生と行う「IRプレゼンコンテスト」の主催。

■第8回 大学生対抗IRプレゼンコンテストの参加校・参加協賛企業
(参加校)
立教大小樽商科大東京大、愛知工業大北海道大一橋大明治大横浜国立大武蔵大西南学院大慶応義塾大、中央大、同志社大(プレゼン順)

(参加協賛企業)
PCIホールディングス株式会社、株式会社クボタ、株式会社アズ企画設計、株式会社オーケーエム、シナネンホールディングス株式会社、ウェルスナビ株式会社、信和株式会社株式会社カナミックネットワーク株式会社Finatextホールディングス、株式会社日本取引所グループ、蝶理株式会社、ユナイトアンドグロウ株式会社、フォースタートアップス株式会社株式会社タナベコンサルティンググループ(プレゼン順)

※一般社団法人日本投資顧問業協会「契約資産状況(最新版)(2023年9月末現在)『ラップ業務』『投資一任業』」を基にネット専業業者を比較 ウエルスアドバイザー社調べ(2023年12月時点)

■ロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」の主な特長
1.「長期・積立・分散」の資産運用を自動化
世界の富裕層や機関投資家が実践する「長期・積立・分散」の資産運用を、テクノロジーの力で自動化。ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づき、厳選したETF(上場投資信託)を通じて、世界約50カ国1万2,000銘柄に分散投資します。資産配分の決定から発注、積立、リバランス、税金最適化まですべて自動で行います。
資産運用アルゴリズムをホワイトペーパーで公開しており、ホームページ上でどなたでもご覧いただけます。

2.忙しく働く世代向けのサービス
20~50代の働く世代を中心にご利用いただいています。スマホやパソコンから5つの質問に答えるだけで一人ひとりに合った運用プランを提案し、いつでも資産の状況を確認できます。忙しく働く世代でも、すきま時間で将来に向けた資産運用を手軽に行うことが可能です。

3.多彩な機能で快適な資産運用をサポート
NISA(少額投資非課税制度)の非課税メリットを活用しながら資産運用が行える「おまかせNISA」、資産運用の目標達成をサポートする「ライフプラン」、少額でも最適なポートフォリオを実現する「ミリトレ(少額ETF取引機能)」など多彩な機能で、お客様の快適な資産運用を応援します。「リバランス機能付き自動積立」、「自動税金最適化(DeTAX)機能※」は、中核となる技術について特許を取得しています。
※自動税金最適化(DeTAX)の適用には条件があり、必ず税負担を繰り延べることを保証するものではありません。

4.手数料は年率最大1%、NISAでさらにお得に
手数料は預かり資産の年率最大1%(税込1.1%)(※1)。NISAをご利用いただくと、ご利用状況に応じて手数料が下がります。自動積立だけでご入金いただいた場合の試算では、新NISA口座の手数料は年率預かり資産の0.63~0.67%程度(税込0.693~0.733%)(※2)となります。
※1 現金部分を除く。預かり資産が3,000万円を超える部分は年率0.5%(現金部分を除く、税込0.55%)の割引手数料を適用
※2 自動積立のみの入金で、入金後に「つみたて投資枠」と「成長投資枠」の残高の割合が変わらなかった場合の試算。相場の変動により資産評価額が変動した場合、NISA口座全体の手数料も変動します。2023年までの旧NISAについては、手数料は年率1%(税込1.1%)となります。

■会社概要
会社名   ウェルスナビ株式会社(英語名:WealthNavi Inc.)
代表者   代表取締役CEO 柴山和久
設立    2015年4月28日
所在地   東京都渋谷区渋谷2-22-3 渋谷東口ビル9F
資本金   39億6,578万4,950円 ※2023年12月31日現在
URL    https://corp.wealthnavi.com/
事業内容  金融商品取引業
      関東財務局長(金商)第2884号
加入協会  日本証券業協会
      一般社団法人 日本投資顧問業協会
      一般社団法人 日本資金決済業協会

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る