旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

運動の学習には運動の実行に至るまでの決断の迷いが脳に反映される、NICTなどが発見

2024年06月13日19時55分 / 提供:マイナビニュース

情報通信研究機構(NICT)などの研究グループは、意思決定や運動制御において、一度意思決定がなされてしまえば、その決定に対する確信度合には依存せずに同じ運動が実行されるとのこれまでの考え方を覆す、脳は決断を迷った末の運動と、迷わずに行う運動を区別し、異なる運動として実行していることを確認したことを発表した。

同成果は、NICT未来ICT研究所 脳情報通信融合研究センター(CiNet)の羽倉信宏 主任研究員(兼 大阪大学大学院生命機能研究科)、同 小笠希将 研究員(研究当時)、同 横井惇 研究員(兼 大阪大学大学院生命機能研究科)、同 平島雅也 研究マネージャー(兼 大阪大学大学院生命機能研究科)、本田技術研究所 先進技術研究所の西垣守道チーフエンジニア、Institute of Neuroscience, Chinese Academy of Sciencesの岡澤剛起チームリーダーら共同研究グループによるもの。詳細は、英国科学誌「Nature Human Behaviour」オンライン版に6月11日付で掲載された。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る