旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

窓辺の小石 第154回 副操縦士は宇宙士官候補生

2024年02月23日23時33分 / 提供:マイナビニュース

Windows用のキーボードに「Copilotキー」が入るらしい。マイクロソフトによれば30年ぶりに新しいキーが追加されることになるという。30年前のキー追加とは、1994年にMicrosoft Natural Keyboardに搭載され、「Hardware Design Guide for Windows 95」(PC-95と呼ばれる)で定義された「Windowsロゴキー」(Winキー)と、「Windowsアプリケーションキー」(Appsキー)のことを指す。

Winキーは単独で押すとスタートメニューを表示するが、CtrlやAlt、Shiftキーと同じく「修飾キー」(Modifier Key)であり、非修飾キー(ファイナルキーと呼ばれる)と組み合わせることでさまざまな機能を実現できる。30年前にWinキーが導入されたことで、標準的なWindowsマシン用のキーボードは、多数のキー組み合わせを持てるようになり、多くの機能をキーボードから実行できるようになった。Windowsの多くのキーボードショートカットがWinキーに割り当てられ、ユーザーやアプリが使うCtrl、Altキーを使うキーボードショートカットをWindowsが使ってしまこともなくなった。30年前のWinキーの追加には大きな意味があったわけだ。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る