マピオン観光マップとは

観光スポットやグルメ、宿泊施設やイベント情報などの地域の魅力を無料でインターネット上の地図上に公開できる新しいサービス。スマホやパソコンで、”いつでも” ”どこでも”デジタル観光マップが閲覧できます。
掲載される情報は、その地域を一番知っている自治体や観光事業者が更新できます。
「紙の観光地図を見て行ったらお店がない!」「ガイドブックに掲載している営業時間が違う!」といった観光客からの不満も解消できます。

紙の観光マップの課題① 在庫に限りがあり、設置場所にも限りがある② 今いる場所が分からないなど使い勝手が悪い③ 常に最新の情報を掲載できない 観光マップWEBサイトの課題① 開発に予算がかかる② サイト構築に技術的な知識が必要 マピオン観光マップなら無料で掲載 自治体は登録するだけ!① データ登録だけで簡単に利用開始可能② マピオンで紹介、集客をサポート③ GPSによる現在地検索が可能④ パソコン・スマホ・タブレットに対応

マピオン観光マップの仕組み

自治体や観光事業者は登録フォームに入力するだけで、簡単に自治体ごとの観光マップが作成できます。
また、観光マップは自治体のホームページにリンクを設置できるほか、登録したスポット情報をマピオンの各コンテンツと連携させることで、観光客を集客できます。

マピオン観光マップ仕組み図 マピオン観光マップサンプルイメージ

NEWNEW多言語マップにも対応

英語・中国語(繁体字・簡体字)・韓国語の4言語のデジタル観光マップが導入できます。自治体や観光事業者は日本語で入稿するだけ。
凸版印刷の翻訳支援システム「ジャパリンガル」による翻訳を提供します。凸版印刷グループのマピオンだからこそ実現できました。
また、既に翻訳された観光情報をお持ちであればすぐに掲載できます。ますます増加する訪日外国人の観光周遊を、多言語マップで強力にサポートします。

● 多言語観光マップ 掲載費用:20万円(年間) + 翻訳費用 ※
※翻訳費用はスポット数と言語数で変動します。例:50スポット(1スポットあたり200文字まで)1言語対応で10万円