桜ライン311

桜ライン311プロジェクトについて

平成23年3月11日14時46分、東北地方太平洋沖地震が発生し、東北各地を津波が襲いました。
岩手県陸前高田市における津波の到達点を桜の木でつなぎ、震災を後世に伝える事で減災を目指すプロジェクトです。

桜ライン311プロジェクトでは、多くの方々の協力を必要としています。
さらに詳しい情報は、桜ライン311プロジェクトをご覧下さい。

マピオンが応援する理由

マピオンは、震災直後より"災害を後世に伝える"、"減災"という視点でその方法を模索してきました。
近年も「日本海中部地震」「北海道南西沖地震」等による津波被害がありました。
しかし、20年、30年という月日の経過と共に、その到達点も津波があった事自体も忘れ去られてしまいます。

「忘れない」「将来への引継ぎ」として具体的な活動が必要と考えます。

マピオンは、具体的継承活動である「桜ライン311プロジェクト」に賛同し応援します。

ご利用上の注意

  • 目標総延長距離(約170km)、目標総植樹本数(約17,000本)はあくまで概算目標です。
  • 累積総延長距離は累積総植樹本数に10mを掛けた計算値です。実際の総延長距離とは異なります。
  • 植樹場所の座標情報(緯度、経度)は、2013年7月時点の情報です。
  • 標高は、弊社データを利用して座標情報を基に取得しています。実際の遡上高とは差異がある可能性があります。
  • 「津波の高さ」と「遡上高」は異なります。遡上高は、高い場合には津波の高さの4倍程度になる事が知られています。詳しくは、コチラ をご覧下さい。
  • 桜の植樹場所と、実際の津波到達点には差異がある場合があります。
  • 桜の植樹場所の多くは自宅敷地内等私有地です。許可無く立ち入る事のないようにお願い致します。
  • 本ページの桜植樹実績情報は、特定非営利活動法人桜ライン311から提供されたものです。
  • 推奨ブラウザはIE7以上、FireFox最新版、Chrome最新版、Safari5.1以上です。

閉じる

までに植えられた桜

  • - km / 約170 km
  • - 本 / 約17,000 本
3D風地図 通常地図