旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

母のいいなりだった子ども時代…親になった今でも当時の自分を責めてしまう【親に整形させられた私が、母になる Vol.69】

2021年09月24日16時00分 / 提供:ウーマンエキサイト

■前回までのあらすじ
子どもが産まれてから自分の幼かった頃の記憶とリンクするようになるハム子。そこで思うのは、母は子どもが望む愛には無関心だったこと…。そのため子どもを尊重してあげられる親になりたいと思うハム子だったが…。

■自分の子どもは好きなことができるのに、なぜ自分は…?

私は今までずっと、過去の自分を責めていました。
「過去の自分が、もっと自分の意志を貫き通せばよかったのに」と、
過去の自分を許せませんでした。

でもそれこそが、自分で自分を傷つけている原因であることに気付いたのです――。

※この物語は私の経験を基に、一部編集しています。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ウーマンカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る