旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

私立中だから良いわけではない!? 息子の心を揺るがす体験/芝浦家の場合(3)【親たちの中学受験戦争 Vol.3】

2021年05月21日18時00分 / 提供:ウーマンエキサイト

■前回のあらすじ
同僚から過酷だった中学受験の体験を聞かされた遥。それでも「親子でがんばった濃い時間」という言葉を聞いたことで、私立中学のオープンスクールに興味を持つように。

夫の和也が乗り気でも、勉強が好きとは言えない息子の輝をその気にさせるのは厳しい…そう思っていました。が…、会社の同僚の経験を聞いて興味を持ち、学校見学ぐらいは行ってみてもいいのでは…と思うように。

和也は母校である御三家を狙わせたいというけれど、いろいろな学校を調べていくうちに多くの学校で体験授業、クラブ体験、実験教室、説明会といったイベントが開催していることがわかったのです。

その中でも、輝も興味を持ちそうな工業大附属中が、オープンスクールを開催するとの情報が…。正直、和也の母校ではない学校のオープンスクールに参加することは少し後ろめたかったのですが、まだ中学受験を決めたわけではないと思いながら、輝を連れて出かけてみることに!

中高のクラブ体験なんて…と思って出かけたのですが、あまりに高度なレベルにビックリ。私の中学時代とのあまりの違いに、「ここまでやるのか…!」とただただビックリ。

学校の先生が廊下に立っていて気軽に質問にも答えてくれました。何も知らない初心者の私に対してその先生は、“家庭の方針”や“子どもの性格”に合う学校選びの大切さを教えてくれました。「どの中学校で学ぶかによって、子どもの考え方も言動も大きな影響を受けるはず」と。

正直、学力さえあれば誰でもウェルカムなのかと思っていたので、先生の言葉には驚きました。そして、私立中学と一括りにできないぐらい、学校ごとに個性があることを知ったのです。

肝心の息子はというと…。

「行くだけ行ってみよう」くらいの気持ちで出掛けたオープンスクールでしたが、実際に見ると一気に気持ちが高ぶってくるのを感じました。クラブ活動をメインに見学しましたが、中高6年間で打ち込めるからなのか、その充実度や本気度に圧倒されながら、帰宅。

これまで私立中学に対して持っていたイメージも大きくぶち壊され、施設の充実度や楽しそうな在校生の姿に感動。中学受験に対して懐疑的だった私も気持ちが傾いていったのですが、和也の言っていた「母校に行かせたい」発言だけが気にかかってきます。もしかしたら和也は母校以外の受験は考えていないの…!?

次回に続く(全4話)毎日18時更新!

※この漫画はフィクションです

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ウーマンカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る