旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

依存先が母から彼に変わっただけ…?幼少期に打ち込まれた歪んだ思考を抜くには【親に整形させられた私が、母になる Vol.50】

2021年02月05日16時00分 / 提供:ウーマンエキサイト

■前回までのあらすじ
彼の転勤先についていくために仕事を辞めたことを伝えると、「泣くほど嫌なら辞めなければよかったのに…」と言われて…。

■私は彼に母の時と同じことをしている…!?

私は、自分の心の声というものがもうずっと聞こえなくなっていました。最後に聞いたのは、過食症に陥る直前の高校生の頃でした。

そしてその自分の心の声が、今回の出来事を境に、また少しずつ聞こえるようになってきました。
心の声――それは「とりつくろわない本心」。

私が自分よりも人の希望を尊重してしまうのは、それが幼少期に培った『自分が愛されるための手段』だったことに気付き始めていました。

そして、同時に、とても弱い自分が心の中にいることに気付きます。
「自分の判断で失敗したら嫌われた上に、さらに責められ見下され続けてしまう。そんなの私には耐えられない」
と、弱い私は責任から逃れて、判断を誰かに委ね依存しようとしてしまう。

実際には、
自分の希望を尊重しても嫌われることはないし、
一度や二度の失敗で、責められ続けたり見下され続けたりもしない。
もし仮に失敗してつらい事態に陥ったとしても、人は耐えられるし、立ち直ることができる。

しかし子どもの頃に形成された思考はなかなか変えられないのです。
でも、何かきっかけがあれば変えることは可能。
そのきっかけさえ掴むことができれば────…

→次回に続く

※この物語は私の経験を基に、一部フィクションもまざっております。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ウーマンカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る