旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

無意識のマミー?! 息子がママと呼ぶのはいつまでなのか…?【ちょっ子さんちの育児あれこれ 第29話】

2021年01月28日08時00分 / 提供:ウーマンエキサイト

ウーマンエキサイトの読者のみなさま、こんにちは。ちょっ子です。
2021年もどうぞよろしくお願いいたします!

今回は、息子の私に対する「呼び方」について、ちょっと悩んでいることについてお話ししたいと思います。
息子・きゃん太の言葉が出だした頃から、私はずっと「ママ」と呼ばれてきました。

私自身は母親のことを「お母さん」と呼んでいたので、自然ときゃん太からもそう呼ばれたいと思っていたのですが
小さいうちは「ママ」の方が発音しやすいみたいだし、もっと大きくなってから少しずつ「お母さん」にシフトしていければいいかなと考えていました。

幼稚園くらいの時に、そのうち「お母さん」に変えようね〜と時々話してはいましたが、
結局きっかけが作れず「ママ」のまま月日は流れて現在、きゃん太は小学三年生になりました。

本人が嫌でなければ、今年あたりからいよいよ「お母さん」に変えていかない?という提案をしてみようか…。
そんなことを考えていました。

しかし最近あることに気がついたのです。

おわかりいただけただろうか…

「お母さん」どころか「マミー」。
どうして?
欧米感増してない?
何か考えがあってのマミーなの?

無意識のマミーでした。

彼の中でナチュラルにママからマミーに変遷していたのです。これは直すの難しそうだぞ…?
ちなみにこの記事を書いてる間にもマミーの割合は二回に一回くらいに増えてきてしまい、このままではマミーまっしぐらになりつつあります。

たかが呼び方、されど呼び方。
私はこのままマミーとして生きていくことになるのか、
それともどこかでやっぱり恥ずかしくなり「お母さん」への軌道修正が可能になるのか、
はたまた「オカン」等の方向に舵を切ることになるのか。

今後どうなっていくかは息子きゃん太の気分(?)にかかっています。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ウーマンカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る