旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

子ども同士のトラブルだけど…、相手のママに相談してみることに【娘が夜驚症になった話 Vol.8】

2021年02月05日16時00分 / 提供:ウーマンエキサイト

■前回のあらすじ
幼稚園でマリーに「ゆあと遊んじゃダメ」と友達に言いふらされていたことが発覚し…

皆さんは、もし子ども同士で問題があった時は、どうされていますか? 子どもの問題に親が出ていくなんて、という考えもあるので、とってもとっても迷いました。

ご近所で親子で仲がいいので避けるにも避けられず…。憧れの「家族ぐるみの付き合い」が裏目にでるとは考えもしなかったー!

結局迷ったけどマリーママに相談しました。
ゆあ側の非を伝えて、マリーの言動は詳しく伝えず「マリーがみんなに、ゆあと遊んじゃダメって言っているらしいの。どうしたらいいかな」という風に相談してみました。

そしたら、彼女は神対応ーーー。なんて素晴らしい人なのでしょう。彼女と友達になれてよかった。そう思ったのです。

その頃まだ夜驚症は続いていて、もしかしたら原因はマリーとのことなのかもしれない、と私の中で確信はないけれど感じていたので、久々に嬉しそうに手を繋ぐゆあとマリーを見て、あぁ、これで夜驚症も治まってくれるかも、と淡い期待が芽生えたのです。

しかし…、夜驚症は続いたのでした。

他に何か原因はあるの? やっぱり原因は私? 私のどこがいけない? グルグルそんなことを考えてだいぶ経った頃。

またしても重大な告白を幼稚園へ行く直前にされたのです。デジャブー!?

ゆあ、もっとちゃんとゆっくり聞いてあげれる時間に言ってちょうだい…(涙)

次に続く

本記事はあくまで筆者の体験談であり、症状を説明したり、医学的・科学的な根拠を保証したりするものではありません。気になる症状がある場合は医師にご相談ください。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ウーマンカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る