旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

人体の不思議!妊娠中に起こった味覚の変化【あり子のワーママ奮闘記 Vol.7】

2020年12月24日17時00分 / 提供:ウーマンエキサイト

こんにちは、あり子です。

妊娠中に味覚や食べ物の好みが変わることはありませんでしたか?

わたしはつわりが落ちつき吐き気がおさまったころから出産までの間、なぜか無性に食べたくなるものがありました。

それは…

これは長女のときだけでなく、次女妊娠中のときも同じでした。
なぜか妊娠中、無性に食べたくなりました。

今、思いだしてもなぜあんなに食べたくなったのか不思議です。

そして、妊娠中に無性に食べたくなったものがカップラーメン&インスタントラーメン以外でもう1つあります。

それはポテトチップス…!

しかし、逆に食べられなくなったものもありました。
それはつわりがおさまり食欲がもどってきたある日、突然おとずれました。

作っている最中に味見したときは少量だったからか気づきませんでしたが、食事中変な味がして食べられませんでした。

夫は変な味はしないとのことでしたので、このときはつわりの気持ち悪さがまだ残っているのかと思いました。

しかしそれから数日後…

それはキャベツを食べていたときでした。
思い返すと、先日食事中に変な味を感じたときもキャベツ入りの料理でした。

そして味覚の変化でキャベツがダメになってしまったことに気づきました。

その後も数回キャベツにチャレンジしましたが、味覚変化は変わらずどうしても食べられませんでした。
なぜキャベツだけダメになってしまったのかは謎のままです。

そして、産後ひさしぶりにキャベツを食べたときはドキドキしましたが…

無事、味覚変化は戻りました。
そしておいしく食べられることはとても幸せなことだと改めて感じました。

妊娠前はそんなに頻繁に食べていなかったのに妊娠中に無性に食べたくなる。
逆に味覚の変化で特定の食べものが食べられなくなってしまう。

人間の体は不思議だなと思いました。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ウーマンカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る