旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

リモートワークでモラハラ発動…こんな人だったの?/あつしの場合(前編)【モラハラ夫図鑑 Vol.40】

2020年10月20日20時00分 / 提供:ウーマンエキサイト

私はゆい。結婚10年目の夫・あつし、8歳と7歳の息子と暮らしています。

夫は平日は外で食べてくるので夜遅くに帰宅。休日も趣味のためあまり家にはおらず、夫婦の会話はほとんど挨拶程度でした。

しかし夫は以前から私を見下す態度があったり、育児家事をせず自己中心的な言動が多かったので、「最低限のコミュニケーションがお互いにちょうどいいのかも…」と感じていました。

そう、夫の働き方が変わるまでは…

子どもは小学2年生と3年生。

親がつきっきりで育児しなくても良い年齢だけど、子ども達だけで留守番させるにはまだ不安な年齢。

私は介護のパートをしていて、生活維持に必要な職種なため休めそうになく、子どもたちが休校になった時はどうしようかと思いました。

そんな時夫のリモートワークが決まり、子ども達だけで留守番せずに済んで良かったと、このときは思っていました。

私は10時~14時、週3回のパート。私にとっては生きがいのような仕事です。

夫になるべく負担をかけさせないようにお弁当を作って出勤していました。

家で子どもの面倒を見てくれている夫には感謝をしていましたが リモートワークが始まり2週間が経ったころ…

いまにも手を出してしまいそうな勢いで子どもたちを怒鳴りつける夫を見て、とても驚きました。

子ども達を残して私がパートに行ったのは、間違いだったのでしょうか…
もう小学生だからと、過信してしまった私がいけなかったのでしょうか。

パートはシフト制ですぐ辞めるというわけにもいかず、私も仕事にやりがいを感じていたので、子ども達には「静かにするように」と念を押して出勤を続けました。

しかし…

次回に続く!

▼「夫はモラハラかも?」と思ったら…

「離婚できない妻のモラハラ対処法」連載
Vol.1【専門家監修】あなたの夫はモラハラ体質?その特徴や原因とは
https://woman.excite.co.jp/article/lifestyle/rid_E1579012000228/

※この漫画は実話をべースにしたフィクションです

原案・ウーマンエキサイト編集部/脚本・高尾/イラスト・のばら

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ウーマンカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る