旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

双子を出産してから間もない頃…叔母から言われた「無遠慮な一言」に絶句した話【ふたごむすめっこ×すえむすめっこ 第62話】

2020年10月19日10時00分 / 提供:ウーマンエキサイト

こんにちは。6歳の双子と3歳の末っ子、三姉妹の母の田仲ぱんだです。

今回は私の親戚づきあいのお話です。

■叔母から言われた衝撃の一言とは?

よく、一人っ子だと、「二人目は?」なんて聞いてくる方がいるようですが、まさか双子の母である私にそれを言うとは…。

しかも双子が0歳の時で、わりと生まれたばかりの頃でした。

親戚同士集まると、どうしても避けては通れない、就職、結婚、そして妊娠、出産の話題。

私は結婚が30歳を過ぎてからだったので、当時は結婚の話題が出るのが苦痛で、しばらく親戚づきあいを避けていた時期がありました。
 
 

■それぞれの事情があるのに、軽いノリでこんな話をしていいのだろうか?

私の叔母に限らず、まるで世間話のように軽いノリでこのような話をする人たちがいます。

就職や結婚をしていないのならば、していないなりの理由があって、さらに妊娠や出産に関しては命の問題。

それぞれデリケートな事情もあるはず。

それなのに、こんな風に気軽に話題にしてもいいものなのか? と疑問に思います。

就職したら、次は結婚。
結婚したら妊娠。
出産したら、次の子は…? 

その先は、子どもの進路の話にでもなるのでしょうか。

気軽に話される方としては、言われるだけでもきつい状況の時もあるでしょう。

でも話している側は、なんとも思っていないんです。

話題のひつとして話しているだけなので、そんなことにいちいち感情を振り回されたくないですよね。

私は叔母の話を、さらっと受け流すようにしています。
 
 

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ウーマンカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る