旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

全力で仕事したい…けど1人で頑張りすぎてた?そんな私に上司から電話が(前編)【こじれた親子関係 Vol.16】

2020年10月05日14時00分 / 提供:ウーマンエキサイト

3年前に交通事故で夫・彰を亡くした私は、小学4年の息子・匠と2人暮らしのシングルマザー。

人に甘えることが苦手で、夫にもよく「一人で抱え込むな」「周りに助けを求められない人間は、仕事もうまくいかない」と言われていました。それでも私は「仕事は全力で取り組みたい!」と、息子と二人だけになっても走り続けているのですが、私の上司であり、夫の親友だった亘さんが、いつも心配してくれていて…。

保育園に通っていた頃、匠に「ママは僕と仕事のどっちが大事?」と言わせてしまったことが、いまだに胸に残っています。しかし、匠も小学校入学して少しずつ手が離れていき、そんなときに起こったのが夫の事故でした。

そんな匠も最近では生意気ざかり。親をからかったり、茶化したりすることも増えてきたのですが…。

電話の相手は、亘さん。どうやら私を心配して、残業のない部署に異動できるよう、陰で動いていてくれたというのです。

すべて順調に乗り切っていると思っていた私にとって、それは少なからずショックな出来事でした。私は息子や同僚に迷惑をかけているのだろうか…。どんなに自分ひとりで頑張るとは思っていても、それは自己満足にすぎないのか…。こうして悩んだあげくに私が出した結論は…。

次回へ続く

※この漫画は実話をべースにしたフィクションです

原案・ウーマンエキサイト編集部/イラスト・由愛乃ナカ(ゆめのなか)

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ウーマンカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る