旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

なにができる? 問題教師に保護者がとるべき行動とは(11)【4人の子育て! 愉快なじゃがころ一家 Vol.82】

2020年09月18日09時00分 / 提供:ウーマンエキサイト

前回の記事
再び校長先生と話し合いをして、一旦静観することにしたのですが…

当時者の親御さんと学校の話合いが設けられたということで私は静観することにました。
ですが今回、私は、学校側にも「問題のある教師」という認識があるにもかかわらず、結果的には子どもを守るための措置が取れなかったことに驚きました。

問題のあった先生を指導する先生がつく、担任を変える、クラスに補助の人を入れる…など、当然なされるであろうと思ったことができないほどの人手不足という実態。この時たまたま人手不足だったのか、この学校の対応力が弱かったのか、公立の学校とはそういうギリギリ状態での運営が当たり前なのでしょうか…。

そして…結局私たちはB先生の暴言をなくすことはできませんでした。

ここで締めくくってしまうと学校の問題点や批判だけの話になってしまいますが、同時に気になったこともあります。
それは私たち保護者と学校との関わり方です。そして、私たちも何かできることはなかったのでしょうか…。

(今回のシリーズ冒頭の方でも描きましたが)問題に気が付いても自分とは関係ないから関わらないというスタンスの保護者も多いのが事実です。これは「できることなら学校に労力や時間を割きたくない、学校に物申すのはハードルが高い」などの気持ちがあるのだと思います。

もちろん、全員がボランティアなどで積極的に学校に関わるのは難しいので、それぞれできる範囲で普段から学校や先生を知ること、学校に行ったときに先生に挨拶をしたり、感謝を伝えたりなどで関係を作っておくことが大切だと思っています。

『なにか問題が起きた時に初めて学校と話すからハードルが高くなる』のです。
普段から関心も薄く協力する姿勢もないまま、先生や学校の不手際があった時だけクレームを入れに行くのでは、先生も良い気持ちはしないと思うのです。

もちろん先生は教育のプロとして学校にいるはずなので、不手際にクレームがはいるのは当然かもしれませんが、『学校と家庭は未来を担う子どもたちを育てる共同体』です。関係性が良いほうがスムーズにことが運びますよね。

しかし今回のような問題、昔からよく聞く話でもあります。

学校の在り方も見直してほしい点が多々ありますが、簡単に改善されることではなさそうなので、私たち保護者が普段から気をつけたいことを最後にイラストにしてみました。

もしかすると、すでに学校・保護者で揉めてしまったとか、子どもが傷を負ってしまったとかいろいろな方がいらっしゃるかもしれませんが、しかしどんなに悔やんでも過去は変えられません。

過去を嘆く時間をこれから先の未来を明るいものに変えていくための時間に、今回の記事が少しでも皆さんにとって役に立つものであったら幸いです。

長々と読んでいただきありがとうございました。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ウーマンカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る