旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

「お母さんを信じてたけど、正しいの?」娘が私の価値観を疑うなんて!【親に整形させられた私が、母になる Vol.35】

2020年09月10日16時00分 / 提供:ウーマンエキサイト

前回までのあらすじ<母が語る物語>
娘が一番気にしている体型を褒めてあげたら、急に怒りだして…。どうしてこんなに性格が歪んでいるの?

■娘が進学先を好き勝手しようとしている!?

■私は提案してるだけ!決めたのは娘なのに…

当時、世の中はだんだんと
『自分の好きなことを仕事にしよう』
という流れになっていました。

そんななか私は、世の中と家庭内の乖離に苦しんでいました。

親の望むように生きることが親孝行だと信じていた私は、「母の理想どおりに生きてあげたい」という気持ちを当然もっていました。

しかし一方で、「自分で自分の人生を決めたい」、「たとえ母であっても介入されたくない」という感情もありました。

でも、母の期待を裏切ることは親不孝なことだと信じ込んでいたのです。

(私は母を裏切ることはできない)

そう思うと、自分の進路を真剣に考えること自体、放棄しました。
ほぼ無意識で、親に従う選択を自らしていたのです。

しかし自ら親に従う選択をしたくせに、胸の中には常に重く黒い靄があり、その靄は晴れたことはありませんでした。

文:著者(グラハム子)
→次回は9月11日(金)更新予定です。

※この物語は私の経験を基に、一部フィクションもまざっております。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ウーマンカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る