旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

3歳男児のプライドを垣間見た! 先生の前では「カッコイイ俺」でありたい息子【うちの家族、個性の塊です Vol.50】

2020年09月03日09時00分 / 提供:ウーマンエキサイト

娘と息子を連れて小児科を受診したときのこと。

先生に診てもらい、会計を待っていると、突然、息子の機嫌が悪くなり始めました。

気をまぎらわせようとしましたが、何をやっても効果がありません。

そのまま薬局に行き、外で順番を待っていたのですが…どんどん悪くなる息子の機嫌。

■すばやくこの場を立ち去ろうとしていたところ…!?

もう本人も、何が原因で泣いていたのかも、わからなくなっていました。

順番になるまで、とにかく無心でいよう…

そして、会計を終えたら、すばやくこの場を立ち去ろう! と思っていると、

「あら? きーさん?」

声をかけられ、振り向くと、そこにいたのは息子の保育園の先生でした。

息子は先生を見るなり、慌てて抱っこしていた私の腕をすり抜け、下に降りました。

そして涙をぬぐい、何事もなかったかのように、先生に笑顔を見せました。

え~!? あ、あ、あんなに何してもダメだったのに~!?

「あれ? 今、泣いてなかった?」と先生が聞くと、

「ないてない! ないてない!!」とごまかす息子。
 
 

■3歳男児のプライドを垣間見た私と娘

「え~さっきまで泣いたよ!」と言う娘の言葉を、大きな声を出し、さえぎる息子。

先生とバイバイした後も、再び泣き出すこともなく、何事もなかったように、歩き始めました。

私が、なぜ急に泣き止んだのか、聞いてみると、

「だって、はずかしいもん」と息子。

これが男のプライドというやつでしょうか…。

保育園の先生には、カッコ悪い姿は見せられない…?

その後も、あまりに手が付けられないときに、保育園の先生を意識させると、周りをキョロキョロと確認する息子なのでした(笑)

家よりも長い時間を過ごす、保育園の先生は、息子にとってはとても大きい存在のようです。

いつも優しく、厳しく接してくれる先生に改めて感謝したいと思いました。
 
 

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ウーマンカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る