旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

親が決めた進学に間違いはない…嫌がる娘も結果が出ればいつかわかるはず【親に整形させられた私が、母になる Vol.27】

2020年07月09日16時00分 / 提供:ウーマンエキサイト

前回までのあらすじ<母が語る物語>
親が決めた習い事を娘は嫌がるのだけれども、教育をおろそかにしたくない私は…

■娘にはできるだけ良い条件の環境を与えたい

■娘の希望を聞くよりも親として大切なこと

こうして私は越境して剣道部の強い学校へ行きました。

もし自分で選べるのなら、私は学区の中学校に行きたかった。

このころよく、私は母にこう言っていました。
「もし生まれ変わったら、学区の中学校に行って新体操部に入りたいな」

母は「そうなのね」と笑っていました。

いま考えれば、今を生きているにもかかわらず『生まれ変わったら』ばかり考えるなんておかしい。

でも当時は、自分が願いや望みと言った感情を持ってしまうことは間違いで、母の進める方向こそが正しい生き方なのだ、と本気で思っていました。

『人生とは親の決めた方向に行くもの。世の中の子どもは皆そうなのだ』と思っていました。

文:著者(グラハム子)

→次回は7月10日(金)更新予定です。

※この物語は私の経験を基に、一部フィクションもまざっております。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ウーマンカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る