旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ママ友がいないからうわさ話と無縁! 少し満たされないこともあるけど…?【コミュ障にわとりの一人っ子育児 Vol.7】

2020年05月10日14時00分 / 提供:ウーマンエキサイト

みなさまこんにちは、鶏岡みのりです。

今回は、コミュ障でママ友がいないと、意外なところで欲求不満になるというお話です。

■娘の友人の家庭事情にうとくなる

わが家にはよく、娘のちり子のお友だちが遊びに来ます。 ちょっと家が遠いお友だちだと、帰りに親御さんが迎えに来られることもあります。

お友達のジェニちゃん(仮名)は…。

お父さんが迎えに来ることもあります。

また、休日に遊ぶときは、ジェニちゃんの家に迎えに行って、それから外で遊んだりします。

やはり少し遠いので、そのときに、ジェニちゃんの家まで私も一緒に行ったりします。

すると…。

お父さんが出てきてくれるときもあります。わたしたちにとって、いつもの光景です。

ところがある日、ジェニちゃんが「お父さんに買ってもらった」というポシェットを見せてくれました。

え? お父さん、いつもいるよね? ついこの前も、休日に家にいたよね?

なぜ「久しぶり」に会ったというのか。

何げなく「お父さんと久しぶりに会ったの?」と聞いてみると。

じゃあ、あの男の人誰だよ!

お母さんの彼氏? それとも身内?  謎です。

でも、どこまで聞いていいかわからないし、子どもに詳しくなんて聞けません。

ジェニちゃんのお母さんの連絡先は知っていますが、まったくママ友ではない。

どうしても知りたいというわけではないけれど、よく会う人だから気にはなります。でも、聞く相手もいなければ、話題に出す相手もいない。

ママ友がいないと、こうなるのです。

学生時代からの友だちはいますが、その友だちにとっては、ジェニちゃんの親の話をしても「誰やねん」ってなるだけでしょう…。

そう、ママ友がいないと、ちょっとした疑問がそのままになってしまう!

ほかにも…。

■間違い電話の向こうでは夫婦げんか…

娘の友だちのお母さんから急に電話がありました。

何かあった時のために連絡先を交換しただけなので、この方も、まったくママ友ではありません。

でも、授業参観であいさつぐらいはするので、もしかして、ランチか何かのお誘い?

期待して出てみると…。

完全に間違えとる!

小さいお子さんが勝手にスマホを触っちゃって、電話がかかったような状況かと…。

なんかケンカしてる声がめっちゃ聞こえました。 これ、聞いたらあかんやつや。

…そっと電話を切りました。

間違って電話がかかってきて、電話の向こうでめっちゃケンカしている。

しかし、相手はママ友じゃないので、こちらからツッコめない。

「ケンカの最中に間違い電話がかかってきてたよ! 気をつけなよ〜」とも
「なんでケンカしてたの!?」とも…。

ツッコめないし、聞けない。

■むしろママ友がいなくてよかった…?
こういうときでも、「他人のことなんて全然気にならない」という人であればなんともないと思います。

でも、私はコミュ力が低いわりに、他人のことでも意味なく興味を持ってしまうタイプなのです。 ちょっと噂やゴシップが好きな性格だと、なにげにつらいです。

ただ、もし、そんな私がコミュ力が高くて、ママ友が多かったら「ウワサ好きなオバチャン」になっていたかもしれません。

そう思うと、コミュ障なのもそれはそれで良かったかも…?

ママ友がいなくてコミュ障な私のところには、ウワサも情報も入ってきません。ウワサ好きとしては残念ですが、芸能人のゴシップをネットや週刊誌で見て好奇心をおぎないたいと思います。

それが一番、平和

ときどき、満たされない思いを抱えることはありますが、平和に日々が過ぎていく。

それも全然、悪くないのです。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ウーマンカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る