旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

「たたかないで!」は子どもに伝わらない!親子が幸せになる言い方【そんたんママときーちゃんの「はじめてづくし」 第26話】

2020年04月04日10時00分 / 提供:ウーマンエキサイト

こんにちは、そんたんママです。暖かくなってきましたね。
春眠暁を覚えずで、自分はなかなか布団から出ることができません。そんな母親に対して、乳幼児は早く起きがちで…。

■朝、母の顔をたたく息子に…

私はかなりの低血圧で、そのせいなのか朝パッと起きることができません。

そんな私に対し、3歳頃のきーちゃんは、早くに起きてキビキビ動き出していました。
なかなか起きない母親にしびれをきらし、「おかーさん、おーきーてーよー!」と顔面をバシバシたたいてきました。

ただでさえローテンションのところをたたき起こされ、「たたかないでよ!!」とイライラしながら目を覚ます朝…。きーちゃんも怒られて不機嫌になり、いいことはひとつもありません…。

■「たたかないで!」では伝わらない? 言い方を変えてみた

その頃は毎朝のように同じことがくり返されました。そのたびに
「たたかないでよ!」「痛いって言ってるでしょ!」
など言っても、やめてくれません。

ある朝、やはり寝起きにきーちゃんに顔面をたたかれたので、やけくそになって
「たたかないでナデナデしてよ!!!」
とキレ気味に返すと…

なんとナデナデしてくれたではありませんか!

そう、きーちゃんは何も私の顔をたたきたくてたたいていたのではなくて、他に起こし方を知らなかったのです。

やさしいナデナデで目を覚ました私は、「ありがとう」、「うれしい」、「大好き!」をいっぱい伝えました。

以来きーちゃんは私の頭をナデナデして起こしてくれるようになり、ものすご~く幸福な気持ちで目覚める日々が続きました。(どっちが子どもなんだか…)

■子どもが大きくなった今、私が心がけていること

きーちゃんが5歳になった今は、いつしか遅起きになり、私が起こす側になりました。
自分がされてつらかったのでたたき起こすことはせず、なるべく優しい気持ちで起きられるように声かけすることを心がけています。

最近ではこんな感じで返ってくるので、人間らしくになってきたなと感じるのでした。
 

\おすすめ動画もぜひご覧ください!/
母ちゃんTVはコチラ
チャンネル登録お願いします♪

 

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ウーマンカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る