旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

お正月に残ったお餅で作る! 簡単な「お餅のアレンジレシピ」5選

2021年01月09日08時00分 / 提供:E・レシピ

お正月中に消化しきれなかったお餅が残っている家庭も多いのではないでしょうか? 残ったお餅もアレンジ次第で、美味しいおかずやおつまみなどに大変身します。

そこで今回は、簡単に作れる、お餅のアレンジレシピを5つご紹介。お餅のモチモチ食感を活かした、子どもから大人まで大満足な料理ばかりです。

■トッピング次第で絶妙な味の変化も楽しめる! グラタン風の「もちチーズ焼き」

出典:E・レシピ

余ったお餅もチーズ焼きにすれば、あっという間に洋風に。こちらのレシピでは、甜麺醤で味つけをした豚肉とジャガイモ、レンコンの上にお餅をのせて、グラタン風に焼き上げます。ワインやビールのおつまみにもピッタリ。食べ応えがあるので、夕食の主食にするのもいいでしょう。パンと一緒に味わうのも◎。

このレシピでは、しゃぶしゃぶ用のお餅を使っていますが、角餅や丸餅を薄くカットして使っても大丈夫です。仕上げにお好みで、ドライパセリや刻み海苔、ネギ、かつお節などを振るのもオススメ。トッピング次第で微妙な味の変化を楽しめますよ。

■いつものお好み焼きがボリューミーに、めんたい「餅お好み焼き」

出典:E・レシピ

残ったお餅をお好み焼きの具材として使うこともできます。こちらのレシピには、明太子を入れるので、ピリ辛でコクのある味わいを堪能できますよ。お餅を入れることでいつものお好み焼きがボリュームアップするのも魅力。お好み焼きに火が通りにくい場合は、フライパンに蓋をして加熱してくださいね。

仕上げに、お好み焼きソース、マヨネーズをかけ、かつお節を振ってからいただきましょう。子どもたちのおやつとしても活躍してくれそうな一品ですね。具材に細く切ったたくあんやチーズ、コーンなどをプラスしても美味しいです。

■トロッとしたお餅がやみつきになる、調味料要らずの「変わり春巻き」

出典:E・レシピ

サクッとした春巻きと、トロッとしたお餅の食感を同時に味わいたくなったら、こちらのレシピをお試しあれ! 明太子入りの調味料を使わずに作れる春巻きです。

作り方は、春巻きの皮に角餅と明太子の8分の1量をのせ、小麦粉のりをつけて、三角になるように包みます。合計8個作りましょう。そして、フライパンに多めのサラダ油を熱し、春巻きを両面こんがりと揚げ焼きにし、器に盛れば出来上がり。何もつけずに食べても十分美味しいです。副菜やおつまみとしてはもちろん、10分で作れるので、ちょっとしたおやつにもなりそうですね。

■体が芯から温まる! 栄養バランス抜群な「揚げ餅入りみぞれ鍋」

出典:E・レシピ

正月疲れが出たときに、ぜひ味わいたいのがこちら。内側から元気になる、揚げ餅入りみぞれ鍋です。揚げ餅がたっぷり入っているので、スタミナアップにもつながります。お好みで、七味唐辛子を振ってから召し上がれ! 

このレシピでは、大根おろし、角餅、ニラ、シメジ、鶏つみれを使っていますが、白菜やキャベツ、ニンジンなどお好みの野菜を追加しても良さそうです。食べ進めるうちに、体がポカポカと温まってきますよ。胃袋に余裕があるようなら、〆にご飯と溶き卵を入れて雑炊を作るのもいいでしょう。家族の喜ぶ顔が見られる満足度の高い一品です。

■韓国風の特製ダレが見事にマッチ、ピリ辛「肉巻き餅」

出典:E・レシピ

肉の中からお餅がトロトロッと溢れ出す魅惑の一品を作ってみませんか? こちらのレシピは、豚肉で巻いたお餅に韓国風の特製ダレをかけていただきます。仕上げに、白ゴマと黒ゴマを散らしてから、お好みで半分に切ったゆで卵を添えましょう。ゆで卵は特製ダレとからめながら味わうと絶品に! 

甘辛い味わいで、ご飯のおかずにもピッタリです。辛いのが苦手な場合は、特製ダレのコチュジャンをなしにしたり、量を少なくしても問題ありません。多めに作っておき、翌日のお弁当のおかずにするのも良さそうですね。ぜひお試しを!

お正月に余ったお餅も、どうせなら美味しく消費したいですよね。お餅は簡単にアレンジできる、便利な食材のひとつです。気になるレシピがあったら、ぜひ挑戦してみてくださいね。新年から料理のレパートリーを増やすこともできそうです。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ウーマンカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る