旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

余熱調理で柔らか 暑い夏もサッパリと食べられる「ゆで鶏」

2020年08月16日08時00分 / 提供:E・レシピ

鶏むね肉で作るゆで鶏は脂が少ないのでサッパリと食べやすく、食欲が落ちやすい夏におすすめの一品です。

薄切りにして器に盛り、粗びき黒コショウや粒マスタード、梅肉やユズコショウなどお好みの調味料を添えたり、サンドイッチやサラダの具にしたりと幅広く楽しめます。

作り方はとても簡単。
調味料を入れた湯で数秒ゆでて、火を止めて蓋をします。そのまま冷めたら出来上がりです。
味をよくしみ込ませるために完全に冷ましてください。
余熱で火を通すのでパサパサせず、しっとりと火が通ります。

ゆで汁に浸かった状態で冷蔵庫で3~4日日持ちするので、作り置きしておくと便利です。

■ゆで鶏

調理時間 5分+冷ます時間

レシピ制作:保田 美幸

<材料 2人分>
鶏むね肉(大) 1枚(約350g)
水 800ml
酒 大さじ1
塩 小さじ2
梅肉 適量
キュウリ 1/2本

<作り方>
1、鶏むね肉が程よく入る大きさの鍋に水、酒、塩を入れて強火にかける。煮たったら鶏むね肉を入れ、再び煮たったら火を止めて鍋に蓋をしてそのまま冷ます。

2、完全に冷めたら薄く切り分けて器に盛り、梅肉を添える。キュウリを乱切りにして盛り合わせる。

栄養価の高いものをしっかり食べて、暑い夏を健康的に過ごしたいですね!

E・レシピで作り方をもう一度チェック↓

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ウーマンカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る