旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

あっさりだけど、ごはんがすすむ! 「魚介とアスパラの塩炒め」

2020年04月08日08時00分 / 提供:E・レシピ

とろりとした、あっさり味の「魚介とアスパラの塩炒め」はごはんとの相性抜群。
具だくさんで彩りも美しく、華やかな炒め物です。
アサリや鶏がらスープのうまみも加わり深みのある味わいに仕上がります。

メイン食材はサワラ。
クセがなく白身魚のように見えますが、実は赤身魚の分類。

俳句でも”春”の季語となっている”春の魚”ですが、地域によっては冬が旬でもあります。
春のサワラはさっぱりで身が柔らかく、炒め物にぴったりですよ。

■魚介とアスパラの塩炒め

調理時間 25分 1人分 268Kcal

<材料 4人分>
サワラ 4切れ
 小麦粉 大さじ1
アサリ(砂出し) 200g
グリーンアスパラ 6本
赤パプリカ 1/2個
ニンニク 1片
ショウガ 1片
玉ネギ 1個
塩 小さじ1

 顆粒チキンスープの素 大さじ1
 水 200ml
 白ワイン 大さじ3

 片栗粉 大さじ1.5
 水 大さじ3
サラダ油 大さじ2
イタリアンパセリ 適量

<下準備>
・サワラは1切れを2~3つに切り、全体に薄く小麦粉をつける。

・アサリは分量外の薄い塩水につけ、殻どうしをこすり合わせて洗い、ザルに上げる。

・グリーンアスパラは根元の固い部分を切り落とし、ハカマをピーラー等で削ぎ、長さ4cmに切る。

・赤パプリカはひとくち大に切る。

・ニンニク、ショウガは皮をむき、みじん切りにする。

・玉ネギは縦半分に切って6~8つのくし切りにする。

<作り方>
1、中華鍋にサラダ油、ニンニク、ショウガを入れて中火で炒める。香りがたったらサワラを焼き色がつくまで焼き、いったん取り出し、玉ネギを加えて炒める。

2、玉ネギに火が通ったら塩を加えて混ぜ、アサリ、グリーンアスパラ、<スープ>の材料を加える。

3、煮たったらサワラ、赤パプリカを加え、再び煮たったら<水溶き片栗>をまわし入れて大きく混ぜる。トロミがついてきたら器に盛り分け、イタリアンパセリを飾る。

焼きそばにのせても良いですね。

※ワインの量は、お子さまの年齢に合わせて、調節しながら使ってください。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ウーマンカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る