旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ほろ苦い春の味わい「フキノトウのしょうゆ漬け」

2020年03月15日08時00分 / 提供:E・レシピ

フキノトウは冬の終わりと春の訪れを感じさせる山菜。

その爽やかな香りと独特のほろ苦さで、料理に少し加えるだけで口の中がたちまちのうちに春めき、調理中も漂う爽やかな香りに思わず深呼吸をしてしまいます。

お店では白和えの具に加えたり、フキノトウみそを作ってお肉や鶏ハムなどに添えてお出ししているのですが、今年はフキノトウのしょうゆ漬けも仕込みました。材料も作り方もとてもシンプル。

冷奴やご飯、ゆで卵などの淡白なものとよく合いますし、そのまま日本酒のあてにもぴったりです。
ポイントは<作り方2>にあるように「水気をよく拭き取る」こと。風味にメリハリが感じられ、保存もよくなります。

■フキノトウのしょうゆ漬け

レシピ制作:保田 美幸

<材料 作りやすい分量>
フキノトウ 100g
ゆでる塩 小さじ1/3
みりん 大さじ2
しょうゆ 大さじ5

<下準備>
・フキノトウはかたくて黒い外皮をむく。

<作り方>
1、小鍋にみりんを入れて弱めの中火にかける。煮たったら火を止めてしょうゆを加え、粗熱が取れたら容器に移す。

2、フキノトウを2分塩ゆでして冷水に放ち、粗熱が取れたら水気を拭き取る。

3、根元のかたい部分を切り落とし、粗く刻んで(1)へ移す。

コツ・ポイント
・翌日以降が食べ頃です。冷蔵庫で保存してください。

春の薬味に、ぜひお試しください。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ウーマンカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る