旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

夏の定番をさっぱりとアレンジ 「豚肉とシメジのつけ素麺、スダチの香り」

2019年06月21日08時00分 / 提供:E・レシピ

夏の食卓に欠かせない素麺。ツルツルとした食感と喉越しの良さが、この時期にぴったりです。今回は、そんな夏の味方、素麺のアレンジレシピをご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

コクのある濃いめのつゆに、大根おろしとスダチの相性が抜群のつけ素麺。汁や具材と良く絡まる細い麺で、お箸が進みます。豚肉とシメジもたっぷり入っているので、一皿でも大満足できそうです。さっぱりとした仕上がりも、暑い時期にとっても嬉しいですね。

シンプルに薬味とめんつゆで頂く素麺もおいしいですが、たまにアレンジしてみると新鮮です。

■豚肉とシメジのつけ素麺、スダチの香り

調理時間 8分 1人分 792 Kcal

レシピ制作:料理研究家、フードコーディネーター 吉田 朋美

<材料 2人分>
素麺 4束
豚バラ肉(しゃぶしゃぶ用) 150g
シメジ 1パック
スダチ 1個
大根おろし 適量
七味唐辛子(お好みで) 適量
<つゆ>
 だし汁 400ml
 酒 大さじ3
 みりん 大さじ2
 しょうゆ 大さじ3
ゴマ油 適量

(※)だし汁の作り方はこちら↓をご参照ください。
https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/16419e06c7dc88fc1ce805529b019425.html

<下準備>
・シメジは石づきを取り、食べやすくほぐす。

<作り方>
1、中火で熱した鍋にゴマ油をひき、豚バラ肉を軽く炒める。<つゆ>の材料、シメジを加えて煮る。

2、鍋にお湯を沸かし、素麺をゆでる。ゆで上がったら流水で洗って水気をきる。

3、素麺を器に盛り、(1)の<つゆ>を添える。スダチを半分に切って搾り、大根おろしや七味唐辛子を入れながら素麺をつけて食べる。

素麺の賞味期限は長いですが、湿気を吸うと味が落ちるだけでなく、カビや虫が発生しやすくなります。保存する時は、直射日光が当たらず通気性の良い場所で保管してくださいね。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ウーマンカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る