旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

カリカリのニンニクチップが食欲をそそる!「サワラのガーリックステーキ」

2019年03月15日08時00分 / 提供:E・レシピ

「魚」へんに「春」と書くサワラ。
淡白な味わいで柔らかく、どんな味付けにも合う今が旬のお魚です。

塩焼きや西京焼きなどでいただくことが多いですが、今回はニンニクの風味をきかせてパンチのある味わいに仕上げました。
サワラを焼いたあとの油で炒めたセロリとニンジンのソテーも添えれば、豪華なメイン料理になりますよ。
カリッと香ばしいニンニクチップがアクセントになって、ご飯がすすむ一品です。

■サワラのガーリックステーキ

調理時間 20分 1人分 241 Kcal

レシピ制作:E・レシピ

<材料 2人分>
サワラ(切り身) 2切れ
 塩コショウ 少々
セロリ 1/2本
ニンジン 1/4本
ニンニク 1片
ニンニクチップ(市販品) 適量
ドライパセリ 適量
<調味料>
 砂糖 少々
 酢 小さじ1
 塩コショウ 少々
オリーブ油 大さじ1.5

<下準備>
・サワラに塩コショウを振る。

・セロリは筋を引き、長さ4~5cmの薄切りにする。

・ニンジンは皮をむき、せん切りにする。

・ニンニクは木ベラ等でつぶす。

<作り方>
1、フライパンにニンニクとオリーブ油を入れて弱火にかけ、香りがたったら中火にし、サワラを両面焼いて器に盛る。

2、残った油でセロリとニンジンをサッと炒め、<調味料>の材料を加えて炒め合わせる。

3、(1)の器に(2)をのせ、ニンニクチップとドライパセリを散らす。

サワラは尾に近いほうがおいしいといわれています。切り身を選ぶときは透明感のあるもの、身割れしていないもの、血合いの色が鮮やかなものを選びましょう。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ウーマンカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る