旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

キウイでお肉がしっとり柔らか! 「鶏むね肉のソテー」

2018年09月20日08時00分 / 提供:E・レシピ

鶏むね肉はパサパサしてかたくなりやすいのが欠点ですが、キウイにはたんぱく質を分解する酵素が入っているので、キウイに漬けこめば、焼き上がりはしっとり柔らか! もちろんキウイはソースにして、しっかりいただきます。

© hungryworks - stock.adobe.com

ただ、キウイの酵素の力は強力です。

以前、朝にキウイソースで鶏むね肉をつけこんで、夕食に焼いて食べようとしたら、ソースから取り出した鶏肉の皮がドロドロに溶けていました…。この失敗をもとに、2~3時間の漬けこみで試してみましたが、今度は焼いて切るときに皮がやわらかくなりすぎてうまく切れないということに。

なので今では、皮は取って漬け込んでいます。取り除いた皮はもったいないので、煮物などを作るときに一緒に入れて、出汁をとるために活用しています。

■鶏むね肉のソテー

レシピ制作:管理栄養士 長 有里子

<材料 2人分>
鶏むね肉 1枚
グリーンキウイ 大なら1/2個、小なら1個
醤油 大さじ1・1/2
酒 大さじ1・1/2
オリーブ油 適量

<作り方>
1、鶏むね肉は皮をとり、火通りを均一にするため、観音開きにする。

2、ポリ袋に皮をむいたキウイを入れ、手でつぶす(だいたいつぶせればOK)。

3、ポリ袋に1と醤油、酒を入れ、よくもみこんでなじませ、冷蔵庫で2時間ほどおく。

4、鶏むね肉にからんだタレを手でぬぐい、オリーブ油を熱したフライパンで焼いて、器に盛る。

5、タレをフライパンに入れて火を通し、鶏にかける。

鶏むね肉を焼く際は、タレがはねやすいのでフタをして十分に気をつけて調理をして下さい。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ウーマンカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る