旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

SNSシェアや「いいね」が寄付につながる。資生堂がメッセージ動画公開

2021年02月15日17時25分 / 提供:東京バーゲンマニア

資生堂は、全国の医療従事者に敬意と感謝の意を伝えることを目的に開始した「資生堂 Hand in Hand Project」のメッセージ動画を、2021年2月10日から公開しています。

この動画は、「自分の手を守ることが、医療現場の手助けにつながる。」という同プロジェクトのメッセージを表現したものです。ナレーションは女優の石田ゆり子さんが務めています。
1アクションあたり10円
資生堂が全国の20~69歳の男女1000人、医療従事者100人の計1100人に行った調査(※1)によると、手洗いや手指の消毒によって「手荒れが気になる」と答えた人は約7割に。そのうち4割以上の人が、手荒れが気になり「手洗いや手指の消毒を躊躇したことがある」と答えています。

「例年と比べ手が荒れていて、いろんなハンドクリームを使っている」
「手がカサカサで皮がボロボロになってかゆい。消毒がしみる」
といった、深刻な回答も。

感染予防を続けていくためには、手荒れに対するケアの必要性が高まっているといえます。

こういった状況を受け、動画では、「正しい手洗いや手指の消毒による感染予防」と「手洗いや消毒による手荒れを防ぐハンドケア」のヒントが描かれています。

また、同調査では、9割の人が「医療従事者に感謝している」と答える一方で、「感謝を行動に移せている」と答えた人は1割でした。

そこで、動画を観た人が、SNSで動画をシェアまたは「いいね」をすると、1アクションあたり10円を資生堂が医療現場のサポートのために寄付する取り組みもスタート。

そのほか、対象商品(※2)の利益や「#手守り習慣で手助けを」をつけたSNS投稿などを含むオンライン上でのアクション数に応じた金額(※3)を医療現場のサポートのために寄付する(※4)活動も行っています。

動画はYou Tubeおよび、TVCMでも全国放送されます。地上波は2月21日から放映スタート。

(※1)「生活者の感染予防に関する意識調査」...2021年1月22日~23日、全国の20~69歳の男女1000人、医療従事者100人の計1100人を対象にインターネットで調査。
(※2)資生堂のハンドソープ・消毒液・ハンドクリームを含む全21商品。
(※3)オンラインアクション寄付に関しては、設定した目標に到達した場合は、対象期間中であっても終了または目標更新の場合あり。
(※4)寄付金額や寄付先団体などの詳細はプロジェクト終了後に開示予定。
※2~4の詳細は、「資生堂 Hand in Hand Project」公式サイトで確認できます。

続きは「東京バーゲンマニア」へ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ウーマンカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る