旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

【無印良品】家具サブスクサービスが登場!テレワーク環境もお得に整えられるよ。

2021年01月20日15時27分 / 提供:東京バーゲンマニア

新型コロナウイルスの影響により、急速に進められているテレワーク。

「仕事をするためのデスクやイスを家に欲しいですが、買うのがもったいない...」と思う人もいると思います。

無印良品は、自宅で心地よく働ける環境を整える需要に応えて、家具のサブスクリプションサービスを2021年1月15日から、国内182店舗で開始しました。
年間契約のお得なプラン
「必要なモノ」をお手頃な月額定額料金で、「必要な期間」だけ利用できる月額定額サービスです。

今回のサービス開始にあたり、2020年7月から約3か月間、無印とIDEEの家具・インテリア用品を6種セットで利用できる月額定額サービスを期間限定で展開。これが好評で、さらに「セットではなく単品でのサービスが欲しい」との意見もたくさん寄せられたため、家具単品を対象に新たにスタートしました。

サービスは年単位の契約で、1年・2年・3年・4年のプランがあります。期間が満了したら、「解約・返却」と「契約延長」を選べるほか、買い取り料金を支払い、そのまま使うことも可能です。

対象商品は1月19日時点でベッド、デスク、チェア、収納の13種類です。中には、テレワークに役立つ「折りたたみテーブル」や「ワーキングチェア」も含まれています。

「折りたたみテーブル」を例として、1年契約の場合、月額は1530円、1年間のコストが1万8360円です。4年契約の場合は、月額が400円になり、合計1万9200円を支払います。いずれも販売価格の1万9900円よりお得です。

「買ってもよし、借りてもよし」という選択肢が増えることで、より自分のニーズに合う家具を選べます。

テレワーク環境に悩んでいるみなさん、無印の家具サブスクサービスをチェックしてみてはいかが?

※画像は公式サイトより

※配送料(初回のみ)や家具組み立て料金は別途かかります

続きは「東京バーゲンマニア」へ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ウーマンカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る