旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

次世代シーケンシングの市場規模、2019年に82億675万米ドル到達 NGSプラットフォームの価格低下が市場の成長を後押し

2021年01月05日11時00分 / 提供:valuepress

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「世界の次世代シーケンシングの市場予測・競合動向・成長機会 (~2025年):製品・技術・エンドユーザー・用途・地域別」 (TechSci Research ) の販売を1月5日より開始いたしました。

次世代シーケンシングの市場規模は2019年に82億675万米ドルと評価され、2025年までCAGR19.59%で成長すると予測されています。診断のための次世代シーケンシングに基づく検査の規制枠組みの強化は、市場の成長のための重要な要因です。さらに、次世代シーケンシングの進歩とプラットフォームの価格低下により、今後数年間の世界的な次世代シーケンシング市場の成長を後押しすると予想されています。一方で、市場の成長を阻害する要因として、次世代シーケンシングベースの診断法の標準化に関する懸念が挙げられます。

次世代シーケンシング市場は、製品、技術、エンドユーザー、アプリケーション、地域、企業に基づいて分類されています。技術別には、合成シーケンシング、イオン半導体シーケンシング、ライゲーションシーケンシング、1分子リアルタイムシーケンシング、その他の技術に分けられます。中でも、合成シーケンシング(SBS)部門は、2019年まで73.04%の市場シェアを持ち、SBS技術を利用したイルミナのシステムに対する需要の高まりに加え、新規かつ高度な次世代シーケンシングプラットフォームの開発により、2025年まで健全なCAGRで成長すると予測されています。

次世代シーケンシング市場で事業を展開している主なプレイヤーは、Illumina、Thermo Fisher Scientificなどがあります。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/tsci974942-global-next-generation-sequencing-market-by.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る