旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

多様な他者と共に生きる術を学び、大きな成果を生み出した社員たちの10カ月間の軌跡を発表する、第8期ドラマティック・マネジメントアワードを開催します。

2020年02月17日11時00分 / 提供:valuepress

社内が一丸となり、イキイキと目標達成を目指す組織。多種多様な従業員たちが、対話を重ね、共に未来を描いて動く会社。そんな、理想的な組織をつくるための学校、それがドラマティック・マネジメントアワード(以下ドラマネ)です。ドラマティック・マネジメントアワード(以下、ドラマネ)が始まったのは、2011年のことです。
ドラマネとは、会社の掲げる目標以上の「高い高い目標」を追いかけるための勉強会です(そこには様々な理由があります) 。
社長の戦略に合わせて代表メンバーを選出し、異業種で学び合いをします。その中で、素晴らしいプロセス・成果を生んだチームが、大舞台でプレゼンをする。参加メンバーにとっての「憧れのステージ」があることも大きな特徴です。

社会人のための仕事の学校「ドラマティック・マネジメントアワード」を手掛ける、一般社団法人日本経営イノベーション協会(所在地:東京都中央区、代表理事:森憲一)は、第8期ドラマティック・マネジメントアワードを、2020年2月20日(木)(13時〜17時半)に、日本橋公会堂にて開催します。

「第8期ドラマティック・マネジメントアワード」

https://doramane.com/ticket/

【背景】

社内が一丸となり、イキイキと目標達成を目指す組織。多種多様な従業員たちが、対話を重ね、共に未来を描いて動く会社。そんな、理想的な組織をつくるための学校、それがドラマティック・マネジメントアワード(以下ドラマネ)です。

【製品・サービスの概要】

参加者は、多種多様な企業の社員たち。

4月〜1月の10カ月間、月に一度の勉強会に参加し、異業種他社で学び合う勉強会を開催。

10カ月間の成果とプロセスを発表する成果発表会が、2月20日のイベントです。

<3つの特長>

1:参加企業、参加者の多様性(IT、教育、飲食、葬儀…など業種が多様。18歳の学生から、60歳前後の役員まで参加者の年齢や役職が多様)

2:大学との連携(明治大学熊本大学大学院、ハワイ大学等、大学の先生たちがデータを収集し、学会発表されていること。勉強会の会場は産業能率大学の教室で実施。同大学の佐藤教授ゼミと連携し、学生たちも勉強会に参加している。イベント当日も、学生によるプレゼンが実施される)

3:経営者も伴走者的な役割でガッツリ参加していること。(通常の研修は、社員を参加させるだけのものがほとんどですが、ドラマネでは勉強会にも社長が参加し、また、学校や塾の保護者会的な「社長会」も毎月開催している。社長が、参加者を全面的にサポートし、バックアップすることで、社内を巻き込み、一丸となって目標に向かう組織にすることを可能にしていることが大きな特徴。つまり、社員たちも、社長のサポートがあるからこそ、安心して高い目標にチャレンジすることができるのです。

【今後の展望】

大学との連携を増やしていくことで、学生にとってリアルに会社を体験できる場としての認知を高めていきたい。

【一般社団法人日本経営イノベーション協会について】

本社:〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町15-12-8

代表者:代表理事 森憲一

Tel:03-6681-4674

Fax:03-6681-4672

URL:https://doramane.com

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る