旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

最大1,000ボルトアンペアの電力が使える! 日本住宅サービスの子会社・カイロスが1月30日、究極の防災グッズ「Vehicle to 100V」の販売を開始

2020年02月19日11時00分 / 提供:valuepress

日本住宅サービス株式会社のグループ子会社として、再生可能エネルギー機器関連事業を手がける株式会社カイロスが、新潟電子工業株式会社製の車両接続型電源の販売を開始。災害時の非常用をはじめ、アウトドアなど屋外での活用、自治体や教育機関での備えにも役立つ防災グッズの提供です。

日本住宅サービス株式会社(本社:広島県福山市、代表取締役:有吉彰英)の子会社で再生可能エネルギー機器関連の事業などを手がけている株式会社カイロス(本社:東京都中央区、代表取締役:関口 剛)は1月30日(木)、乗用車などのバッテリーにつなぐことで最大1,000ボルトアンペア(VA)の電力が使用できる究極の防災グッズ「Vehicle to 100V」2モデルの販売を開始しました。自治体や教育機関での災害時の備えとして、アウトドアなどの屋外でも活用できる車両接続型電源です。

▼  究極の防災グッズ「Vehicle to 100V」紹介動画(YouTube「新潟電子工業チャンネル」):https://www.youtube.com/watch?v=ElVgNhu9VCY 

■普通乗用車ならバッテリーにつないで最大500~800ボルトの電力が使える! 究極の防災グッズ「Vehicle to 100V」販売開始

日本住宅サービスの子会社であるカイロスが販売を開始した「Vehicle to 100V」は、次のような特徴や魅力、メリットのある車両接続型電源です。

1.クルマのバッテリーにつなぐだけで、最大1,000ボルトアンペア(VA)の電力が使用可能
エンジンをかけている普通乗用車で最大500~800ボルトの電力が利用できます。

2.一般的な家電をつないで使えるAC100Vのコンセントを搭載

3.災害時の非常用をはじめアウトドアなど屋外での使用に最適

4.個人の家庭用のほか、自治体や公共施設・教育機関などでの備えにも最適

地震や台風、洪水などの災害時、被災者にとって最も大きな課題となるのが停電時の電源確保です。これまで、個人では使いにくく価格も高価だったデメリットを解消し、家庭でも自治体や公共施設・教育機関でも手軽に活用できるのが「Vehicle to 100V」の大きな特徴です。

ポータブルタイプの蓄電池の充電しておいた電力量しか利用できないというデメリットもなく、エンジンのかかる乗用車などがあれば誰でも大容量の電源が活用できるのも大きな魅力・メリットです。

■3月31日(火)まで特別価格で販売するほか、2月26日(水)~28日(金)開催の「スマートグリッドEXPO (太陽光発電展PV EXPO同時開催)」で出展・紹介!

カイロスでは3月31日(火)までの期間限定で、究極の防災グッズ「Vehicle to 100V」を特別価格で販売。さらに、2月26日(水)~28日(金)に東京江東区東京ビッグサイトで行われる「スマートグリッドEXPO(太陽光発電展PV EXPO同時開催)」にブース出展し、「Vehicle to 100V」を展示・紹介します。

・「スマートグリッドEXPO」について
日時:2月26日(水)~28日(金)午前10時~午後6時(最終日は午後5時まで)
会場:東京ビッグサイト 西展示棟(〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1
出展ブース : W 2-20 (長瀬産業様ブース内展示)
アクセス:東京臨海新交通臨海線ゆりかもめ「東京ビッグサイト」駅から徒歩約3分、

東京臨海高速鉄道りんかい線国際展示場」駅から徒歩約7分
主催:リード エグジビション ジャパン株式会社
公式サイト:https://www.pvexpo.jp/ja-jp.html 

カイロスの強みは、法人・個人を問わず高いコンサルティング力を生かした提案です。“究極の防災グッズ”車両接続型電源「Vehicle to 100V」のほかにも、容量1キロワットのポータブル蓄電池、持ち運びできる超軽量太陽電池モジュールなど幅広いラインナップの提供で、万一の備えと課題の解消に取り組んでいます。

■「Vehicle to 100V」概要

・モデル1(12V・24V入力)
入力電圧:DC12V(10.5~16.5V)、DC24V(21.0~33.0V)

・モデル2(24V・48V入力)
入力電圧:DC24V(21.0~33.0V)、DC48V(42.0~66.0V)

・おもな仕様(モデル1、モデル2共通)
カラー展開:ブラック、イエロー(2カラー)
出力電力(typ):1,000ボルトアンペア(VA)
出力電圧:AC100V(正弦波)
出力電圧歪率:3パーセント以下
本体サイズ:幅423×高さ340×奥行171ミリ
本体重量:10キログラム(TBD)
安全機能:誤配線保護
そのほか:長さ3メートルのケーブル付属(片側ワニ口)

製品紹介動画(YouTube「新潟電子工業チャンネル」):https://www.youtube.com/watch?v=ElVgNhu9VCY 

株式会社カイロスについて】
本社:〒103-0001 東京都中央区小伝馬町15-19 ルミナス8階
代表者:代表取締役 関口 剛
設立:2016年6月
電話番号:03-5577-3070(代表)
URL:https://kairos.ne.jp/ 
事業内容:再生可能エネルギー機器の仕入れ・販売・コンサルティングほか

【日本住宅サービス株式会社について】
本社:〒720-0824 広島県福山市多治米町1-16-20
代表者:代表取締役 有吉彰英(ありよし・あきひで)
設立:2007年9月
電話番号:084-981-5333(代表)
URL:https://japan-hs.jp/

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る