旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

アクティブ・エイジとグッドツリー バイタルデータ通信連携を実現

2020年02月10日17時00分 / 提供:valuepress

株式会社アクティブ・エイジ(本社:福岡県太宰府市、社長:篠原 明美、以下 アクティブ・エイジ)と株式会社グッドツリー(本社:宮城県仙台市、社長:西原 翼、以下 グッドツリー)は、介護事業所向けサービス「ヘルスケアクラウドシステム ファーマボード」とクラウド型介護ソフト「ケア樹」の連携を開始します。
「ヘルスケアクラウドシステム ファーマボード」と「ケア樹」のデータ連携により、ファーマボードのバイタル管理機能ではバイタル測定データの迅速な登録を実現し、服薬管理機能では与薬前に服薬情報をiPadで簡単に確認できるため、誤薬を防止し、職員の不安を軽減します。

【連携により生まれる価値】

人材不足が深刻化する介護業界においてアクティブ・エイジは以下の特徴を有する「ヘルスケアクラウドシステム ファーマボード」を介護事業所に導入してきました。

①    バイタル管理機能

日本精密測器株式会社製のBluetooth機能を搭載したバイタル測定機器で測定すると測定値をBluetooth通信でiPhone、iPadに自動転送する事が出来ます。自動転送により測定漏れや記入ミスを防止する事が出来ます。また測定データのグラフ化等によりデータの有効活用が出来ます。

②    服薬管理機能

薬局で入力された服薬情報をもとに利用者様の与薬漏れ防止、服薬情報変更を確認する事が出来ます。服薬記録の入力はiPhoneやiPadでワンタップのみで簡単です。入力された服薬記録や連絡事項などを薬局と介護施設間で共有する事が出来ます。

この度の「ケア樹」とのデータ連携で利用者情報の共有、バイタルデータの登録までを一気通貫で行いスタッフのケア業務の生産性の向上を図るとともに、簡単・安心・低価格をコンセプトにして、運用コストを大幅に削減するクラウド型介護ソフト「ケア樹」の強みを生かし介護事業者へのICT導入のハードルを大きく下げ、介護人材不足の解決策の一つとして加速していきます。

このたびの連携により、より実態に沿った正確なケア記録の入力ができ、介護記録作業時間の削減と入力漏れや間違いのない精度の高い記録ができます。入力情報はクラウドサーバーで管理されるため、スタッフ間の情報共有も簡単に行え、迅速な情報共有によりケア品質の向上につながります。

ファーマボードを利用するには、日本精密測器株式会社製のBluetooth機能を搭載したバイタル測定機器が別途必要となります。

【今後の展望】

エイジとグッドツリーはお互いの強みを生かして、介護施設のあらゆる課題・問題を解決する「簡単・安心」なトータルプラットフォームを目指し、事業者・高齢者にとって真に良いサービスの提供こそ社会課題解決・社会貢献につながるという思いで共同開発を進めていきながら、さらなる機能改善を進めていきます。

【グッドツリー・介護ソフト ケア樹のご紹介】

グッドツリーが提供するクラウド型介護ソフト「ケア樹」は、介護請求、介護記録、計画管理、利用者管理など、介護サービス事業所の日常的な運営管理に必要な機能を備える介護ソフトとして、全国累計2,260以上の介護事業所に導入されています。クラウド型のため、基本機能は全てWebブラウザから利用でき、低コストで導入ができます。また、即時の情報共有が可能であり、災害時にもデータは安全に保管されます。iPadにも対応する介護記録アプリは、タッチや音声などの簡単操作で入力できるため、介護記録作業時間の削減に貢献します。

お客様のお問い合わせ先

アクティブ・エイジ 大野城オペレーションセンター   TEL:092-558-2703

グッドツリー 営業部 TEL:022-341-6380     E-mail:HelpMan@GoodTree.Jp

関連リンク:https://active-age.co.jp/

      https://CareTree.Jp

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る