旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

若者たちの身近に迫っている薬物問題の解決策~薬物を使わない実証された薬物リハビリテーション(ナルコノン)設立に伴うセミナーを開催しました!

2020年01月28日15時00分 / 提供:valuepress

「ナルコノンって何だろう?」という皆さんの疑問にお答えするべくナルコノン・ジャパンの講師によるセミナーを1月25日(土)、27日(月)の2日間に新宿にて開催しました。

 薬物乱用の再犯率が過去最多となっている現在、薬物問題は子どもや女性にまで広く蔓延するようになっています。薬物乱用や依存に関してその効果的な解決策がなければ、日本の未来は明るくないでしょう。

 薬物依存問題について向精神薬などの薬物による治療も提唱されていますが、その副作用や依存問題については広く一般に知らされておらず、被害の実態は隠されたままです。

 しかし、薬物を使用しない、実証済みのリハビリテーションへのアプローチは、すでに米国の人道主義者であるL. ロン ハバード氏によって開発され、世界各国で導入されています。

 このアプローチを使用し、薬物リハビリテーションのネットワークを広げているのが「ナルコノン」になります。「ナルコノンの使命」は薬物乱用からのリハビリテーションへの効果的な方法を提供し、地球規模の薬物による惨事を防ぐために社会を支援することです。薬物とアルコールの中毒者が目的と生産性にあふれる新しい人生を送れるよう手助けします。

 そこでナルコノン・ジャパンではセンターの設立に向け、「ナルコノンって何だろう?」という疑問に答え、その設立準備を推進するため、ナルコノン・ジャパンの講師によるセミナーを1月25日(土)、27日(月)の2日間に新宿(場所:サイエントロジー東京)にて開催しました。

 講師からはナルコノンの4つのプログラムが話され、そのプログラムは本当にその生徒を助けるための内容でした。薬物を使ってしまう根本的な原因を見つけ解決していくものです。

 薬物中毒の状態から、全く薬物がいらない身体になるまでの道のりをナルコノン・スタッフは24時間体制で手助けをします。「生徒を助けようと行動しているスタッフの覚悟はものすごいものだと感じた」という反響も寄せられました。
 
 ナルコノンの卒業生たちは薬物依存に終止符を打ち、人生をコントロールできるようになり、自分の家族や地域社会へ戻っていきます。また、ナルコノンは効果的な薬物リハビリテーションと予防解決策を探している専門家や団体に対して包括的なトレーニングも提供しています。

 驚くべき効果をもたらす栄養の処方、運動、サウナ。それらは渇望を駆り立てる有害な薬物の残留物を取り除き、薬物を取っていた人を助けるべく特別に組まれています。

イベント情報:
「ナルコノンって何ですか?」セミナー
  日時: 1月25日(土)13:00~
1月27日(日)12:00〜
  参加費:無料
  場所:サイエントロジー東京ビル
  後援:特定非営利活動法人イマジン
  
 薬物に関する知識や家族や友人、知人の問題に関して気になる方は、Tel:090-5931-4627、E-mail:narcononjapan@gmail.comまでお問い合わせください。

 特定非営利活動法人イマジンは、知的障害者のノーマリゼーション、覚せい剤撲滅の普及啓発活動を行っております。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る