旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

A-LOG V3.8.1/V3.9.0を同時リリース~メインフレームの新キャッシュデザインに順次対応~

2019年12月26日15時00分 / 提供:valuepress

株式会社ユニリタ(東証JASDAQ:3800、以下 ユニリタ)は、メインフレーム向け製品の「A-LOG V3.8.1」と「A-LOG V3.9.0」(IBM版、富士通版、日立版)をリリースしました。

 株式会社ユニリタ(東証JASDAQ:3800、以下 ユニリタ)は、メインフレーム向け製品の「A-LOG V3.8.1」と「A-LOG V3.9.0」(IBM版、富士通版、日立版) をリリースしました。

 メインフレームの環境下でアプリケーションを実行した際のジョブログやシステムログ管理に特化した「A-LOG」は、現在同機能における国内唯一の製品であり、システム監査などで使用するジョブログ/システムログの管理にかかる人的負荷の軽減やOSスプール領域の有効活用を実現しています。

 A-LOG V3.8.1はデータプールの大容量化対応を行っており、A-LOG V3.9.0はIBM社メインフレームで使用されているCPU内部キャッシュデザインに対応した製品で、メインフレームの持つパフォーマンスを享受しつつ、大規模運用に対応したデータベース・データプールの大容量化対応を行っております。

 今後もメインフレームにおける基幹システムのログ管理を担う製品として、お客様の幅広いログ管理業務を支えてまいります。

以 上

株式会社ユニリタについて】 https://www.unirita.co.jp/

所在地 :東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟29階

資本金 :13億3,000万円

代表者 :代表取締役 社長執行役員 北野 裕行

事業内容:

ユニリタの強みは、IT領域における「情報活用」「プロセス、運用」「クラウド・プラットフォームの活用」。これらの力を活かし、デジタル社会でのビジネス貢献と業務効率化や生産性向上を実現するための製品とサービスを提供しています。そして、新たな事業分野として、「働き方改革」「地方創生」「一次産業活性化」などの社会課題をデジタル技術で解決すべく業界SaaS事業の取り組みを積極化し、事業の拡大を図っています。

【主なメインフレーム向け製品】

・ジョブ運用管理「A-AUTO」

https://www.unirita.co.jp/products/aautomainframe.html

・帳票出力管理「A-SPOOL」

https://www.unirita.co.jp/products/aspool.html

・シスログ/ジョブログ管理「A-LOG」

https://www.unirita.co.jp/products/alog.html

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る