旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

グローバルな教師を海外で育成!日本の教育者不足に備える準備を。

2019年12月26日13時00分 / 提供:valuepress

保育士や教員不足に歯止めをかけるため教育者を育成しています。
英語指導ができ、多様な価値観を持ち、指導力があるグローバルな教育者をオーストラリアで育成しています。
現地の子どもへの学習指導を通して、実践力や指導力、様々な指導方法を学びます。

 『Y&K Narita International School 』では、子ども一人ひとりの個性や能力を把握し、その子に合った適切な学習方法をスタッフみんなで検討し合います。子ども達は皆、違う感性や価値観を持っています。それを同じ指導方法や教材で学ばせる一斉指導のスタイルでは、現代の社会を生き抜く力を育成することは難しいです。授業後には振り返りを行い、授業で得た経験を今後の授業に役立てます。子どもと共に、指導する側の教師も学ぶ。

 このようなスタンスが「本当の教育」と信念を持って教育者、子どもたちを育てています。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2Mzg4OSMyMzM3MDAjNjM4ODlfZkxKaGFDZkNBQS5qcGVn.jpeg ]
 今日本では低賃金、長時間労働、残業代なしなどの背景により、若い世代での教師や保育士を目指す人達が少なくなってきており、教育者の人材不足が懸念されています。また教師の仕事は使命感や責任感がないと務まらない職業です。「子どもが好き」「子どもに教えたい」という気持ちだけでは、やり遂げられない仕事です。

 そこで教師や保育士不足を解消し、より良い人材を育成するために実践的な教育実習をオーストラリアで取り入れ、使命感と責任感、そして指導力を育成しています。日本の教育機関と連携を図り、優良な人材の方たちの働く場を日本で提供しています。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2Mzg4OSMyMzM3MDAjNjM4ODlfWVFzVFhqZU55ci5qcGVn.jpeg ]
教師の育成方法で日本とは大きく異なる点

・海外生活をすることで「多様な価値観」や「多文化共生」が身につく。

・海外生活をすることで「英語力」が身につく。

・海外生活で多種多様な人物と触れ合い「コミュニケーション能力」が身につく。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2Mzg4OSMyMzM3MDAjNjM4ODlfcEZXSlFwcGxGRC5qcGVn.jpeg ]
 今の日本の教育では学べないものがオーストラリアで学べます。

教育者のご紹介もしています。人材不足でお悩みの教育機関はお気軽にご相談ください。

 

⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂

Y&K Narita International School  Pty. Ltd.

800 Zillmere Rd, ASPLEY  PO BOX 159 QLD 4034 Australia

〒286−0013 千葉県成田市美郷台1−9−11

株式会社Y&K Narita International School 日本法人

Y&K Narita International School PTY LTD

 

Y&K 日本法人

https://www.educatorsagency.com/

 

Y&K オーストラリア法人

https://www.yandkaustralia.com/

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る