旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

~心に関する史上最高のベストセラー~ 心の健康のための現代科学ダイアネティックス啓発イベントを静岡で開催しました!

2019年12月18日10時00分 / 提供:valuepress

近年、心身医学において過去のトラウマや心理的なストレスによって身体的な健康に影響が及ぶことが研究でも明らかになってきています。また、児童相談所における平成27年の児童虐待の対応件数も10万件を超え過去最多となっており、成人になってからのこれらの心身への影響などが懸念される状況となっています。    このような中、12月7日(土)、8日(日)と心の領域における史上最高のベストセラーであり、心の健康のための現代科学として知られている「ダイアネティックス」の静岡での啓発セミナーが開催されました。

  近年、心身医学において過去のトラウマや心理的なストレスによって身体的な健康に影響が及ぶことが研究でも明らかになってきています。また、児童相談所における平成27年の児童虐待の対応件数も10万件を超え過去最多となっており、成人になってからのこれらの心身への影響などが懸念される状況となっています。
 
 このような中、12月7日(土)、8日(日)と心の領域における史上最高のベストセラーであり、心の健康のための現代科学として知られている「ダイアネティックス」の静岡での啓発セミナーが開催されました。

 厚労省の発表によると、平成27年度中に、全国208か所の児童相談所が児童虐待相談として対応した件数は103,260件(速報値)で、これまでで最多の件数となっています。平成26年度と比して児童虐待相談対応件数が大幅に増加した自治体からの聞き取りによると主な要因としては、心理的虐待が増加、また心理的虐待が増加した要因の一つに考えられることとして、児童が同居する家庭における配偶者に対する暴力があるとされています。

 数値では心理的虐待が平成26年度では38,775件であったのに対し、平成27 年度は48,693件と9,918件増加、また、警察からの通告では平成26年度は29,172件であったのに対し平成27年度は38,522件と9,350件となっています。また、他には児童相談所全国共通ダイヤルの3桁化(189)の広報や、マスコミによる児童虐待の事件報道等により、国民や関係機関の児童虐待に対する意識が高まったことに伴う通告の増加も考えられるとされています。
 
 イベントでは、無料の性格分析テストや、ストレステストも行われ、また心の仕組みのための紹介映像なども上映されました。ダイアネティックスはアメリカの教育者L.ロンハバード氏によって発見された悪夢、不合理な恐れ、動揺、不安、心因性の病気の唯一の原因について紹介されており、その著書『ダイアネティックス:心の健康のための現代科学』の中で心の仕組みや不合理さを解く方法が詳しく説明されています。イベントでは、情報センターのツアーや、ストレステスト、ダイアネティックス紹介フィルムの上映、無料カウンセリングなどを提供しています。
 
 過去のダイアネティックスの体験者からの声:

「最初思い出すのも辛く、頭にもやがかかっていたのに、オーディター(カウンセラー)の指示に従い繰り返し同じ場面をたどることで、辛い過去が今では普通の思い出となっているのが一番驚きました。」

「自分は子供の頃のままだと思い込み、幼いころに母からされた仕打ちに腹を立てていましたが、当時の母はかなり若く、私をいじめるような言葉を吐いていましたが、それは母が母自身に向けた『やりきれなさ』『情けなさ』の現れだったことに気が付きました。」

「自分ひとりの頭の中で考えていたこと、どうしてもわからなかった他者の思いや他者の立場をなぜか突然思い出して、私に対する態度の意味や理由を知りました。」

など、様々な体験が報告されています。さらに詳しくはhttp://dntokyo.com/

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る