旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

~良いお年を迎えくださいと伝え、来年も次回のスケジュールが決定~ 音楽ボランティア「秋桜(コスモス)」による老人ホーム・慰問イベントが行われました

2019年12月11日10時00分 / 提供:valuepress

老人ホームに入所しても、物理的な面では孤独を避けられていても、精神的に満たされたとは決して言えないという利用者も多いのが現状です。このような状況に対して、19年間以上にわたって無償で高齢者施設を巡回して慰問演奏を提供している、サイエントロジー音楽ボランティア「秋桜(コスモス)」が令和元年12月8日(日)に練馬区の介護老人ホームに演奏をしに出向きました。特定非営利活動法人イマジンは、秋桜の活動を応援します。

 老人ホームに入所しても、物理的な面では孤独を避けられていても、精神的に満たされたとは決して言えないという利用者も多いのが現状です。このような状況に対して、19年間以上にわたって無償で高齢者施設を巡回して慰問演奏を提供している、サイエントロジー音楽ボランティア「秋桜(コスモス)」が令和元年12月8日(日)に練馬区の介護老人ホームに演奏をしに出向きました。特定非営利活動法人イマジンは、秋桜の活動を応援します。

 秋桜(コスモス)は今年で活動19年目を迎え、数多くの施設を巡回してきました。参加者は25名。今回は初めて見る女性スタッフもおり、皆さんを誘導して会場を埋めてくれました。

 年配の方がほとんど知っている「荒城の月」をつかみの曲として歌い、「みかんの花咲く丘」「ふるさと」「影を慕いて」などなじみの歌謡曲や童謡を10曲ほどを披露しました。演奏が始まると、終始皆さん聴いてくれ、時折調子が外れたような手拍子があったりもしますが、真剣に参加されていました。徐々に拍手してくれる方も多くなってきて、つぶやくように歌う方や演奏の間にしゃべる方など色々です。
  
 音楽がその人自身の感情を引き起こし、喜びを創造します。音楽が演奏者と高齢者を結び付け、そこにコミュニケーションが生まれます。

 演奏はこの日は約30分ほど行い、最後に自己紹介をして「新宿のサイエントロジーからボランティアで来ています。良いお年をお迎えください」と告げて終わりました。帰りの際には、車椅子で身体の不自由そうな利用者の方が小さく手を振って見送ってくれました。次回は、1月12日ということで、スケジュールも決まりました。

 「歌は時代を通してさびれることがありません」というアメリカの人道主義者で音楽家のL.ロン ハバード氏の言葉にもとづき、秋桜は歌の持つ「パワー」と「コミュニケーション」でお年寄りを元気にすることを目的に都内の高齢者施設を巡回し一緒に懐かしのメロディーを歌う活動を継続しています。

 特定非営利活動法人イマジンは、知的障害者のノーマリゼーション、覚せい剤撲滅の普及啓発活動を行っており、秋桜による音楽慰問活動にも協力しています。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る