旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

設置するだけで売り上げが伸びる! ASMR音源を使った最新型デジタルサウンドサイネージ 「Sizzle Panel(シズル パネル)」誕生

2019年12月10日10時00分 / 提供:valuepress

株式会社ミューシグナルは「音」が「脳」に与える現象を利用した全く新しい店頭広告端末「Sizzle Panel(シズル パネル)」を発表致します。Sizzle Panelは96kHz、24-bitのハイレゾ音源を忠実に再生するデジタルスピーカーと、今話題のASMR音源(エー・エス・エム・アール:自律感覚絶頂反応)を組み合わせ、音による集客効果を生み出す最新型デジタルサウンドサイネージです。

ASMR(Autonomous Sensory Meridian Response)は、人が聴覚や視覚への刺激によって感じる、心地良い、脳がゾワゾワするといった現象の事を指します。2019年の上半期、女子中高生の人気キーワードランキングで1位になった他、2019年8月にはApple社が自社コンテンツとしてASMR音源をリリースするなど全世界で話題になっています。

弊社はこのASMR音源が飲食店の集客手法として使えるのではないかと考え、ASMR音源を忠実に再生する音楽再生端末を開発。飲食店の店頭やスーパーの食品売り場で実証実験を行って参りました。天ぷらを揚げる音、肉を焼く音、野菜を切る音など様々な音源を用いて売上データを比較したところ「月50万円の売上増」「ターゲット食材の売上が3倍」「前年比115%達成」など全ての実証実験においてその効果が確認されました。

さらにはSizzle Panelを導入した事で「あれ何ですか?」「音で決めましたよ」といった形でお客様とスタッフ様の間で会話が生まれ、結果スタッフ様のモチベーションが上がったという事例も各店舗から寄せられています。Sizzle Panelは単に集客をするだけでなく、自然な会話を生み出すコミュニケーションツールとしての効果も期待できます。

搭載音源

Sizzle Panelに搭載されているASMR音源は弊社が独自に収音し、集客効果が最大となるよう編集及びマスタリングを行ったものです。このASMR音源をデジタルスピーカーで再生する事により、本物の音であると脳が錯覚を起こすレベルまで「音」の再現性を高める事ができました。この「音」でターゲット食材を想起させるノウハウがSizzle Panelの強みです。

本体サイズ

Sizzle Panelの大きさは縦30cm×横30cmのレギュラーサイズと横30cm×縦15cmのハーフサイズの2種類。本体の厚みを僅か2cmに抑えましたので、壁に立てかける、A看板の下に置く、食品棚の上に置く、など自由なレイアウトが可能です。表面は撥水加工された4色の生地から選ぶことができる他、お客様ご自身でお好きな柄の布を貼り付ける事もできます。また別途費用が掛かりますがお店のロゴやメニューを印刷したものをご用意する事も可能です。

レンタル価格

Sizzle Panelは初期費用0円のレンタル商品です。下記ウェブサイトからお申込み頂きますと最短翌日に製品が届きます。製品到着後2ヵ月以内にご返送頂ければ、理由を問わず全額返金致します。なお、本プレスリリースに合わせ特別価格をご用意致しましたので、この機会に是非最新のデジタルサウンドサイネージをご体感頂ければと思います。

Sizzle Panel オフィシャルサイト:https://www.musignal.co.jp/products/sizzle/

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る