旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

【続報】12月8日(日)「子ども」をテーマにしたイベントを兵庫・明石で開催!

2019年12月06日10時00分 / 提供:valuepress

特定非営利活動法人兵庫子ども支援団体(所在地:兵庫県明石市、代表理事:多田実乘、以下「当法人」という)は、「子ども」をテーマに様々な課題や問題について知ってもらうために、兵庫県明石市でイベント「Let’s Action〜子どもたちの未来のために こわす・かいたく・すすむ〜」を12月8日(日)に開催します。当日は、映画上映や子ども支援を行う団体による事例発表、現教員による学校教育とNPO支援のあり方についてなどを通して「子ども」について考えていきます。

特定非営利活動法人兵庫子ども支援団体(所在地:兵庫県明石市、代表理事:多田実乘、以下「当法人」という)は、「子ども」をテーマに様々な課題や問題について知ってもらうために、兵庫県明石市でイベント「Let’s Action〜子どもたちの未来のために こわす・かいたく・すすむ〜」を12月8日(日)に開催します。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzODgwOCMyMzI1NjAjMzg4MDhfVXRWcGV5ZHRtUi5wbmc.png ]

当日の内容

1.映画上映

 2019年3月に公開されたばかりの映画「こどもしょくどう」の上映会を開催いたします。現在、各地で広がりを見せている「子ども食堂」。なぜ今、それらが必要とされているのか、どのような思いでの運営がされているのか、などを映画を通して考えます。

(あらすじ)

 小学5年生の高野ユウト(藤本哉汰)は、食堂を営む両親と妹と健やかな日々を過ごしていた。
 一方、ユウトの幼馴染のタカシの家は、育児放棄の母子家庭で、ユウトの両親はそんなタカシを心配し頻繁に夕食を振舞っていた。
 ある日、ユウトとタカシは河原で父親と車中生活をしている姉妹に出会った。ユウトは彼女たちに哀れみの気持ちを抱き、タカシは仲間意識と少しの優越感を抱いた。
あまりに“かわいそう”な姉妹の姿を見かねたユウトは、怪訝な顔をする両親に2人にも食事を出してほしいとお願いをする。
 久しぶりの温かいご飯に妹のヒカルは素直に喜ぶが、姉のミチル(鈴木梨央)はどことなく他人を拒絶しているように見えた。
数日後、姉妹の父親が2人を置いて失踪し、ミチルたちは行き場をなくしてしまう。これまで面倒なことを避けて事なかれ主義だったユウトは、姉妹たちと意外な行動に出始める――。

引用:配給元ホームページ(https://kodomoshokudo.pal-ep.com/

2.事例発表・活動紹介

 兵庫県内で子どもに関わる活動を行われている団体・法人による事例発表をや活動紹介を行います。当日は3団体による事例発表を予定しております。また、

(事例発表・活動紹介を行う団体のテーマ)

・不登校支援を行うフリースクールを運営している団体(法人)

・地域で子ども食堂や地域交流の場の運営を行っている団体(法人)

・小学生や中学生に学習支援を行っている団体(法人)

なお、事例発表・活動紹介内で、現役教員による学校教育とNPO等による民間支援のあり方や協働についても話を行います。

3.参加者交流

イベント概要・申込

名称 Let’s Action〜子どもたちの未来のために こわす・かいたく・すすむ〜

日時 2019年12月8日(日)13:30〜16:30(13:00受付開始)

場所 サンライフ明石 研修室(明石市西明石南町3−1−21)

定員 50名

料金 無料

申込

①WEBサイトの申込フォームより:https://hpcso.com/ev191208

②参加者氏名、メールアドレスを記入のうえ、メール(office-hcso(at)hpcso.com)をお送りください。

開催にあたって(代表メッセージ)

私たちNPO法人兵庫子ども支援団体はこれまで子どもに直接関わる活動に取り組んでまいりました。より多くの子どもたちに支援を提供するためには、「子ども」を取り巻く環境や課題を多くの方に知っていただき、そしてアクションしてもらうことも重要な取り組みの1つであると感じ、この度、このイベントを開催いたします。

多くの方に知っていただくことを目的としているため、参加費無料でイベントを実施いたします。また、当日は現役教員による学校教育と民間支援のあり方についても話をする予定にしています。教員希望者や教育に興味のある方の参加もお待ちしております。

NPO法人兵庫子ども支援団体

代表理事 多田実乘

特定非営利活動法人兵庫子ども支援団体について

「子どもが笑って過ごせる地域の形成」を目指して、2013年11月に高校生有志(当時)によって設立。学習支援[かがやき]や食育ひろば ひなた、文化・芸術事業、理科学イベントの実施、オレンジリボン運動など多岐に渡って子どもに関わる活動を展開。若い人たちの積極的な活動が評価され「第10回よみうり子育て応援団大賞 奨励賞」を2016年に、「あしたのまち・くらしづくり活動賞 振興奨励賞」を2017年に受賞。

■特定非営利活動法人兵庫子ども支援団体:https://hpcso.com/
■イベントページ:https://hpcso.com/news/4751

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る