旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

2019年(令和元年)のヒット・トレンドのベスト・ランキング発表予告|消費者経済総研||近日発表

2019年12月04日09時00分 / 提供:valuepress

消費と経済をわかりやすく解説する「消費者 経済 総研」(東京都新宿区、代表:松田 幸治)は、 本テーマを近日発表致します。

【 令和元年は、どんな年 だったか? 】

本件は、事前に個別取材をご要望の際は、個別取材対応いたします。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MTU1NSMyMzI0MTIjNjE1NTVfYkZ4SXRlRnVKdC5wbmc.png ]

【令和元年は、〇〇〇だった】 

~ 〇〇〇に、文字を入れて、近日、発表予定 ~

予告| 2019年(令和元年)の ヒット・トレンドの ベスト・ランキング発表|

消費者経済総研

令和・平成の 消費と経済 を、わかりやすく解説する「令和平成・消費者 経済 総研」

(略称・通称は消費者経済総研、東京都新宿区、代表:松田 幸治)は、

本テーマを、近日、発表致します。

消費者経済総研が、ヒット・トレンド(商品・サービス・現象・ブーム)に着目し、

2019年の消費と経済を、振り返ります。 その答えとは?

■ヒット・トレンドの対象は?

消費者経済総研における「ヒット・トレンド」は、「単体の商品」ではありません。

「ジャンルや現象」にも、注目しています。

例えば「〇〇製菓の◇◇チョコレートが好調」というような個別の製品ではありません。

「商品・サービスのジャンル」を通じて「現象・ブーム・トレンド」に着目しています。

こうすることで、

「世の中が、どう、変わったのか?」 「今後の世の中は、どうなるのか?」

「伸びる消費ジャンルは、どこか?」 「私たちの暮らしは、どうなるのか?」

これらのヒントに、つなげていきます。また、今後の商品開発等につながりたく思います。

また、経済指標のGDPの約6割を占めるのが「消費」です。

「消費が、どうなるのか?」という経済面にも、つなげていきたい、と考えています。

「記者発表会」は、近日を予定しています。

本件は、現在準備中ですが、事前に個別取材をご要望の際は、個別取材対応いたします。

■取材依頼

番組での解説・出演・コメント、執筆・寄稿、講演・セミナー、取材等のご依頼は、

お電話・メールにて、お願いします。

■【詳細の内容は?】

消費者経済総研の公式サイト内に、本件の特設ページを掲出中です。

詳細は、そちらをご覧下さい。

http://retail-e.com/syouhisya-keizai-2019-hit-kekka.html

または

*「消費者経済総研」で検索 →「ヒット・トレンド」→「令和元年ヒット・トレンド」

■【 3分でわかるシリーズ 開設の動機 】

チーフ・コンサルタントの松田優幸は、1987年に慶応大学の経済学部に入学し、

4年間、マクロ経済学を始めとした各経済学を、研究していました。

研究し始めた時の感想は「経済学の論文や文献は、よくわからない」でした。

その後、理解が進んだ後には

「よくわかった。しかしなんで、わざわざ、わかりにくい表現をするのか?」

との感想を持ちました。

世の中に登場する解説も「わかりにくい」表現は、いまだ少なくない、と感じています。

そこで「3分でわかるシリーズ」を展開し「わかりやすく」お伝えしていきます。

※消費者経済総研が提供する情報は、正確性・完全性・有効性・真実性・最新性等、何らの保証もなく、利用・活用は、利活用者の自らの判断・責任であり、損害が生じても当方は一切の責任を負いません。

■【プロフィール】

松田 優幸 (消費者経済総研 チーフ・コンサルタント)

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MTU1NSMyMzI0MTIjNjE1NTVfWmhaT3pOeFBtdy5wbmc.png ]
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MTU1NSMyMzI0MTIjNjE1NTVfR2ZwdFd0RHliUi5wbmc.png

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る