旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

線形・非線形構造など高度な解析機能を搭載した“コスパ最強”設計者向けCAEソフト「AMPS Designer」の最新バージョンを図研アルファテックが販売

2019年12月05日16時00分 / 提供:valuepress

”コスパ最強”CAEソフト「AMPS Designer」は、線形・非線形構造など高度な解析機能を搭載しながらライセンス費用を大幅に抑えており、設計者が待望していた解析ソフトです。設計段階で各種構造解析をして強度や耐久性を確認できるので、工数やコストの大幅な削減を実現します。2020年2月26日を目途に最新バージョン「AMPS Designer 10」(日本語版)のリリースしますので、今後設計者向けCAEがますます市場に普及すると期待されています。

多彩なCAD用ソフトウェアやアプリケーションの開発・販売などを手がけている図研アルファテック株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:吉谷 哲)は2020年2月26日をめどに、米AMPS Technologies Company(アメリカ・ペンシルバニア州)が開発・提供している設計者CAEに最適なソフトウェアの最新バージョン「AMPS Designer 10」(日本語版)のリリースを予定しています。図研アルファテックが販売・サポートを手がけているCAD用ソフトウェア「BricsCAD Platinum」へ応用することで、高度な各種構造解析が可能となり、強度・耐久性を確認するための工程やコストの大幅な削減に役立つ設計者向けCAEソフトウェアです。

▼ 「AMPS Designer」の魅力・メリット掲載ページ(図研アルファテック公式ウェブサイト):https://www.bj-soft.jp/manufacturer/cae/

▼ 米AMPS Technologies Company公式ウェブサイト(トップページ、英語):http://www.ampstech.com/

■CADソフト「BricsCAD Platinum」への応用で、設計段階で強度や耐久性を確認できる設計者CAEに最適なCAE用ソフトの最新バージョンをリリース!

米AMPS Technologies Companyが開発・提供するCAE用ソフトウェア「AMPS Designer」は年1回の割合で大規模アップデートが実施されています。2019年12月に最新バージョンの「AMPS Designer 10」がリリースされることから、図研アルファテックでは2020年2月26日をめどに、日本語版をリリースする予定です。

製造業などの現場ではいま、線形・非線形構造解析などを含めた高度な製品の設計を「設計者CAE」の業務とするところが増えています。「AMPS Designer」は、CADソフト「BricsCAD Platinum」への応用で、導入企業の製品設計現場には次のようなメリットがあります。

1.専門的な知識やスキルのない設計者CAEでも高度な構造解析が可能

「BricsCAD Platinum」上で活用しやすい操作性を実現しているので、設計者CAEが設計段階で強度や耐久性を確認する各種線形・非線形構造解析などができます。

2.試作品づくり、試作を重ねる工程やコストを大幅に削減

専門家などに依頼することなく、設計段階で製品などの強度や耐久性を確認できるので、試作を重ねる工程やコストを大幅に削減できます。

3.ハイエンドなCAE用ソフトに匹敵する機能を搭載しながら、リーズナブルな価格を実現

基本的な機能の「AMPS Designer Basic」が800,000円(税別)、より高度な構造解析などが可能な「AMPS Designer Advanced」で1,300,000円(税別)とリーズナブルな価格を実現しています。*ソフトウェア本体価格

4.図研アルファテック独自の問い合わせサポートや操作トレーニングを提供

パッケージでの導入には、初年度のバージョンアップ保守のほか、問い合わせサポートや操作トレーニングを提供します。また次年度のバージョンアップ保守や問い合わせサポート、導入企業の用途とニーズに応じた操作トレーニング、カスタマイズトレーニング、CAE業務立ち上げ支援などのサービスをオプションで提供します。

図研アルファテックでは、製造業の設計現場が直面している課題を解決するCAEソフトウェア「AMPS Designer」の魅力やメリットをわかりやすく解説して、機能や解析事例、導入事例を閲覧いただける特設ページを公式ウェブサイトに掲載しています。

▼ 「AMPS Designer」の魅力・メリット掲載ページ(図研アルファテック公式ウェブサイト):https://www.bj-soft.jp/manufacturer/cae/

■「AMPS Designer」動作環境およびおもな価格

「AMPS Designer」動作環境

対応OS: Windows 8.1、Windows 10(64ビットのみの対応)

推奨CPU:2GHz以上(デュアルコア)、Intel-Core、Xeon以上を推奨

必要メモリ:8GB以上

推奨グラフィックカード:NVIDIA Quadro、 NVIDIA Geforce以上、OpenGLおよびDirect3D対応グラフィックカード

必要HDD容量:4GB以上の空き領域

 そのほか:「BricsCAD Platinum」上で稼働させるソフトウェアです。

おもな価格

1.「AMPS Designer」(パッケージ)1,050,000円

ソフトウェア本体(800,000円)、初年度バージョンアップ保守、問い合わせサポート(100,000円)、操作トレーニング(150,000円)

2.「AMPS Designer Advanced」(パッケージ)1,760,000円

ソフトウェア本体(1,300,000円)、初年度バージョンアップ保守、問い合わせサポート(160,000円)、操作トレーニング(300,000円)

*すべて税別

*問い合わせサポートはメール、電話、リモート操作による回答です。

*訪問に必要な交通費、宿泊費(前泊を含む)は別途です。

用途とニーズに応じて、次年度のサポートや1日・2日間の操作トレーニング、CAE業務立ち上げ支援などのサービスをオプションで提供します。

「AMPS Designer」の魅力・メリット掲載ページ:https://www.bj-soft.jp/manufacturer/cae/

【図研アルファテック株式会社について】

本社:〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島2-14-6 新大阪第2ドイビル5F

代表者:代表取締役 吉谷 哲

設立:1986年2月

電話番号:06-6300-0306(代表)

URL:https://bj-soft.jphttps://www.alfatech.jp/

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る