旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

北海道愛別町のビーツ新商品の試食イベントを開催!ハワイのベストバーガー賞を18年連続受賞のカフェにて1日限定のお披露目

2019年11月22日10時00分 / 提供:valuepress

emotional tribe (東京都/代表 井上嘉文)は、愛別町の6次産業化事業の1つであるビーツブランド「Sweet Beets Box 」の新商品リリースを記念して、渋谷区神宮前の「テディーズビガーバーガーズ 原宿表参道店(TEDDY’S BIGGER BURGERS)」の協力のもと、1日限りで、ビーツの新商品の試食イベントを開催する。

本イベントは、北海道愛別町で町の役場と生産者で構成された『愛別町ビーツ振興会』の新商品の市場調査とブランドの認知度向上を主な目的としている。愛別町は、12月中旬に「Sweet Beets Box」の2つの加工商品を提供する。

① 「Sweet Beets Box ビーツパウチ」

この商品は、愛別町産のビーツの皮をむき、下茹でされたものをレトルト加工したものだ。ビーツの皮むき、茹でる時間をカットできるため、“時短”料理に役に立つ商品だ。スムージーやサラダで使用されることの多いビーツを、開封して、すぐに食べられる状態にしている。原材料はビーツそのものであり、食品添加物・保存料なども一切使用していない。賞味期限は製造日から10か月、常温で保管できる。12月24日~公式ホームページにて販売開始される予定で、今後は首都圏の小売店への販路も開拓していく。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MzY4OCMyMzE4MDQjNjM2ODhfSlFPenNhQXVzWi5KUEc.JPG ]

② 「Sweet Beets Box ビーツチリソース」

この商品はビーツをピューレにして、国産の唐辛子とにんにくがアクセントをつけたソース。ビーツの本来の甘みと食欲を引き立てるチリオイルの辛みが共存しており、肉料理、じゃがいも、バゲットなどに添えるなど、幅広い料理に使える調味料に仕立てている。

こちらの商品も食品添加物・保存料・砂糖を一切使用していない。こちらの商品も12月24日~公式ホームページ販売開始される予定で、今後は首都圏の小売店への販路も開拓していく。

当日は、「チェダーチーズプレミアムバーガー(980円+税)」に、愛別町のビーツの2種類の新商品の試食がセットで提供される。

また、当日のイベントでは新商品のビーツチリソースの表シールのデザインを3種類の候補から来場者の皆様に選んでいただき、それらの調査データを加味して、デザインの確定をしたいと考えている。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MzY4OCMyMzE4MDQjNjM2ODhfSnN3c2pHbk5oeS5KUEc.JPG

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る