旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ソーシャルレンディングのLENDEXがDFW社と業務提携。RIZIN運営資金ファンドで5,000万円を20秒で募集完了

2019年11月15日12時00分 / 提供:valuepress

ソーシャルレンディング投資サイトを運営する「株式会社LENDEX(レンデックス)」が格闘技大会「RIZIN(ライジン)」を運営する「株式会社ドリームファクトリーワールドワイド」と業務提携。
RIZIN支援ファンドの募集を11月14日に実施。わずか20秒で5,000万円の募集を行いました。

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)サイトを運営する「LENDEX(レンデックス)」(本社・東京都渋谷区、代表取締役社長:深澤克己)は、格闘技大会「RIZIN(ライジン)」を運営する「株式会社ドリームファクトリーワールドワイド」(本社・東京都港区、代表取締役社長:榊原信行」(以下DFW社)と業務提携を行い、RIZINの運営資金に関するファンドの募集を11月14日に行いました。

■LENDEXとは

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2NDQxMSMyMzEzNzgjNjQ0MTFfc05EVVJkYWlsaC5qcGc.jpg ]

LENDEXはソーシャルレンディングサイト運営を主事業とする会社です。

2017年7月からソーシャルレンディングサイト運営を開始し、会員数約3,200名、累計募集金額約30億8千万円の実績があります。(2019年11月14日時点)。

また投資家への返済の遅延・貸し倒れを起こすことなく、2年以上ソーシャルレンディングサイトの運営を行っています。

■業務提携の目的

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2NDQxMSMyMzEzNzgjNjQ0MTFfalFURE1VdGlheC5qcGc.jpg ]

DFW社ではRIZINを始めとした各種格闘技イベントの主催・運営を行っています。

LENDEXを通じて資金を調達することにより、RIZINをより強力なコンテンツとして対外的にアピールし、格闘技イベントとして確固たる地位の確立を目指します。

LENDEXが募集を行う「RIZINファンド」はソーシャルレンディング業界でも初といえる「ファン参加型」ファンドとなっています。

格闘技ファンの皆様はLENDEXへの投資を通じて、RIZINの運営を応援することができます。

そしてDFW社は集めた資金を元に、ファンの皆様の期待に応えるべく

アメリカやアジア圏でのイベント実施。

有能かつ有名な選手のスカウティング。

世界が驚く夢のマッチメイクの実現。

を目標とした活動を行います。

RIZINの活動を支援したい格闘技ファンの皆様、新しい投資先を探している個人投資家の皆様からLENDEXがファンドを通じ資金調達を行います。

LENDEXは集めた資金をDFW社へ融資を実行。

DFW社は資金を活用し、RIZINの運営の活性化を図ります。

■ファンド概要

今回募集を行った「RIZINファンド第1号」の概要は以下のとおりです。

https://lendex.jp/main/fund_detail/95/

貸付金額:上限5,000万円

運用利回り:10%

貸付利回り:12%

営業者報酬:2%

借入期間:3ヶ月

運用開始日:2019年11月16日

返済完了日:2020年2月14日

返済方法:3ヶ月後一括返済(利払いは毎月)※期限前返済の可能性あり

担保:なし

保証:代表者連帯保証有り

貸付先:株式会社ドリームファクトリーワールドワイド

貸付資金用途:格闘技イベント「RIZIN」の運営資金

イベント概要:2019年12月31日開催「RIZIN2.0」

■ファンド募集の結果

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2NDQxMSMyMzEzNzgjNjQ0MTFfWVVEblVyUWhQbi5qcGc.jpg

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る