旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

子育て層310万世帯が利用!“キッズデザイン賞”など数々の賞に輝く、無料社会体験アプリ「ごっこランド」に、日本を代表するジーンズブランド「エドウイン」が出店

2019年11月29日11時00分 / 提供:valuepress

「ごっこランド」は、子どもが大好きな「なりきり」や「ごっこ」遊びを通して、インタラクティブに”社会のしくみ”を学べる無料の社会体験アプリ。マックや三菱UFJ銀行といった、大手企業35社が公式ゲームを提供しています。エドウインのパビリオンでは、ジーンズの製造工程の疑似体験が可能であり、世界に1つだけのオリジナルジーンズを作ることが出来ます。また「ジーンズをつくろう!」は、株式会社キッズスターによる「中高生エンジニア修行プロジェクト」第一弾としてのリリースです。

ファミリー向けデジタルコンテンツ事業を行う株式会社キッズスター(本社:東京都世田谷区、代表取締役:平田 全広)は、自社が提供する社会体験アプリ「ごっこランド」に、株式会社エドウイン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:林 史郎)が新規パビリオン「ジーンズをつくろう!」を2019年11月29日(金)より出店することをお知らせします。

▼ 社会体験アプリ「ごっこランド」公式サイト:https://biz.kidsstar.co.jp/

マクドナルドや三菱UFJ銀行など、大手企業35社が公式ゲームを提供

「ごっこランド」は、子どもが大好きな「なりきり」や「ごっこ」遊びを通して、インタラクティブに”社会のしくみ”を学べる、無料の社会体験アプリです。デパートやECモール、テーマパークのように、1つの場所(アプリ)に複数のブランドの公式ゲーム(パビリオン)を出店するというシステムを採用。現在、日本マクドナルド株式会社株式会社セブン-イレブン・ジャパン、日本生命保険相互会社、株式会社三菱UFJ銀行など35社が出店し、ブランディングやマーケティングに活用しています。

ダウンロード数は、若年ファミリー層を中心に310万(2019年11月現在)を突破。月に40万人以上が利用し、約1,200万回プレイする高いアクティブ性が特徴で、「第13回キッズデザイン賞」や「BabyTech Award Japan 2019 遊びと学び部門大賞」といった、数々の賞を獲得しました。

▼ 紹介動画 URL:https://youtu.be/eAa7xZQbdfc

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NTk5MiMyMzA3NTAjNTU5OTJfUUxqZ2x4bm9CTi5qcGc.jpg ]

■ジーンズの製造工程を疑似体験、世界に1つだけのオリジナルジーンズを完成

この「ごっこランド」に、デニム素材を中心とした日本のファッションブランドであるエドウインが登場。「ジーンズをつくろう!」というパビリオンを出店することになりました。

「ジーンズをつくろう!」では、ジーンズができあがるまでの製造工程の疑似体験が可能。まず、好きなキャラクターと作りたいジーンズの形状を選択。そしてジーンズ生地を裁断し、ミシンで縫っていきます。最後に好きなワッペンをデコレーションして、世界に1つだけのオリジナルジーンズを完成させることができるというコンテンツです。

■エドウインの縫製工場で働く3人とポケットを縫う早さを競うミニゲームも

さらに、「ミシンでゴー!」というミニゲームも提供。ボタンタップを使って、ジーンズのポケットにエドウインの「W」ステッチを制限時間内に何枚縫えるかで勝敗が決まるという内容です。対戦相手は、実際にエドウインの生産拠点である秋田県の縫製工場で働く3人。リアリティを追求し、全員実名で登場します。

エドウインが今回の出店を決めた理由は、「ジーンズを通して“物の大切さ”を知って欲しい」ということ。ひとつの商品が出来上がるまでには、たくさんの人のこだわりと努力が詰まっています。作っている人のこだわりと努力を知ることは、物に対する愛着を醸成するものです。安価で使い捨ての商品が多い現在、物を大切にする心を、ジーンズを通して伝えていきたいと、エドウインは強く願っています。

▼ プレイ動画 URL:https://youtu.be/gFQ_9W5nKlI

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NTk5MiMyMzA3NTAjNTU5OTJfZnB0VVBvTWVlVy5qcGc.jpg ]

株式会社キッズスターによる「中高生エンジニア修行プロジェクト」第一弾としてのリリース

さらに、本パビリオン開発は、キッズスターでゲーム設計からリリースまでを実体験する「中高生エンジニア修行プロジェクト」の第一弾として始動。デザイナーやアニメーターなどで構成されるプロジェクトチームに、現役高校2年生の森優貴君が参画しました。

キッズスターでは中高生たちに、知識や技術を学ぶのみならず、自らが開発に関わったプロダクトが実際にリリースされ、多くのユーザーに楽しんでもらえる実感を持つことでものづくり本来の喜びを知ってもらい、エンジニアとしての成長の糧としてもらえることを心より願っています。

■森優貴君コメント

画面設計のやり方、UI の配置方法、ライブラリの使い方など、たくさんの事を学ぶ事が出来ました。

GitHub の使い方などの Unity 以外の多くの事も教わる事ができたので、とてもいい経験になりました。

株式会社キッズスターについて】

本社:〒154-0001東京都世田谷区池尻2-4-5 世田谷ものづくり学校207

代表者:代表取締役 平田 全広(ひらた まさひろ)

設立:2014年10月

電話番号:03-6805-5625

URL:https://www.kidsstar.co.jp/

事業内容:ファミリー向けデジタルコンテンツ事業、高齢者向け介護支援ソリューション事業

URL              http://www.kidsstar.co.jp/

【本プレスリリースに関するお問い合わせ】

株式会社キッズスター 担当 金城(かねしろ)

メール: kaneshiro@kidsstar.co.jp

TEL: 03-6805-5625

※本リリースに記載の事項は発表日時点での最新情報となります。

※メールでのご連絡は当社お問い合わせフォーム(https://www.kidsstar.co.jp/contact/

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る