旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

11月1日“ワンワンワン”の「犬の日」にペットの終活を考える/愛犬の供養にかけたいお金は実際の3倍!もっと手厚く供養したいという傾向も

2019年10月31日11時00分 / 提供:valuepress

僧侶による読経や納骨を含む定額のペット葬儀「いつもこころに」を運営する株式会社ユニクエスト(大阪市西区/代表取締役:重野 心平)は、全国の20歳以上の男女を対象にインターネット上でペットの供養に関するアンケート調査を実施いたしました。
その結果、供養にかけた費用は希望額の1/3にとどまっていることがわかりました。「供養の方法を思いつかなかった」「近くでできるから」「周りの人がそうしているから」という理由が、理想とのギャップが大きいことから、望んでいたような手厚い供養をできなかった可能性が高いと思われます。

■調査背景

ペットブームと言われた2000年代前半に犬の飼育頭数はピークに達し、いまではペットの高齢化が進んでいます。一方で、ペットの家族化が進んでいることにより、犬や猫に対する支出総額も毎年増加傾向にあります。(※1)

しかし、ペットの火葬に関しては低価格の移動式の火葬車が注目を集めています。そのような現状と、飼い主様の供養に対する希望のギャップを調査いたしました。
(※1)アニコム損害保険株式会社2018年分調査より

■調査結果の概要
「ペットを飼っているが供養はしたことが無い方」の回答を供養に対する"理想"とし、
「以前飼っていてペットを供養した経験のある方」の回答を供養に対する"現実"として定義づけしております。

【供養にかけたい金額(理想)と、かけた金額(現実)の平均金額】
(全体)理想:5万9,673円/現実:2万312円
(犬)理想:7万1,180円/現実:2万7,278円
(猫)理想:5万5,093円/現実:2万3,251円
(ハムスター等)理想:2万1,833円/現実:8,269円
※不正な回答を除いた、回答金額の平均値

実際ぺットの供養に使った金額は、理想金額の約1/3であることがわかります。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzMTg3OSMyMzA1NjIjMzE4Nzlfcmp3WklyUFp6RC5qcGc.jpg ]

【供養方法を選んだ理由(理想と現実の間にギャップが大きかった上位の理由)】
1位:供養の方法を他に思いつかないから 
理想(4.2%)、現実(8.8%)▶ 理想に比べ+4.6% 上がっている 
2位:近くでできるから
理想(4.2%)、現実(8.8%)▶ 理想に比べ+3.8% 上がっている 
3位:周りの人がそうしているから 
理想(1.6%)、現実(4.1%)▶ 理想に比べ+2.5% 上がっている

実際に供養した方は「供養の方法を思いつかなかった」「近くでできるから」「周りの人がそうしているから」という理由に対して理想とのギャップが大きく、望んでいたような手厚い供養をできていなかった可能性が高いと思われます。

調査方法:インターネット調査 
調査対象:20代以上 男女
調査期間:2019年5月24日~6月4日 
調査エリア:全国 
サンプル数:1201

■ペット葬儀「いつもこころに」とは
https://www.chiisanapetsou.com/
ペットも家族の一員として後悔なくしっかり供養できるよう「僧侶による読経」や、「納骨」を含んだペット葬儀。
 

株式会社ユニクエスト】 https://www.uqo.jp/

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る