旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

Yspace(ワイスペース)宇宙天気のアウトリーチを目指したVR作品を茨城大学の研究室の協力で開発 地球天気予報から宇宙天気予報の時代へ

2019年10月11日11時00分 / 提供:valuepress

合同会社Yspace(ワイスペース、本社:東京都世田谷区、開発拠点:茨城県つくば市)は、茨城大学の野澤恵研究室の協力により、教育用宇宙VRを開発しました。今回開発した「宇宙天気VR」は、太陽フレア(太陽の表面で生じる爆発現象のこと)が人工衛星等に与える影響を体験学習できるスマートフォン用のVRコンテンツです。太陽フレアによって宇宙空間に放たれた有害なプラズマ粒子を、スマートフォンを傾けることで避ける内容です。作品は、太陽物理学を専門にする茨城大学大学院理工学研究科の野澤准教授の研究室の協力によって開発されたものです。昨年開催のいばらき宇宙ビジネスサミット2018をきっかけに、野澤研究室の助言を得ながら開発を進めてきました。作品はすでに、六本木ヒルズで開催されたイベント「宇宙を感じる 1day カレッジ」で公開され、2019年度内を目標にスマートフォンアプリとして配信される予定です。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る