旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ヨガ・瞑想の世界第一人者ヨグマタ相川圭子が「第一回日本フットケア・足病医学会」にて医療関係者を前に特別講演を行いました

2019年09月26日14時00分 / 提供:valuepress

一般社団法人アイカワオフィス( 所在地:東京都目黒区 ) は、代表を務めるヨグマタ相川圭子が、9月7日(土)沼津市で開催された「第1回 日本フットケア・足病医学会 富士山セミナー」にて、特別講演を行いましたのでお知らせいたします。

一般社団法人アイカワオフィス ( 所在地:東京都目黒区 ) は、代表を務めるヨグマタ相川圭子が、9月7日(土)沼津市で開催された「第1回 日本フットケア・足病医学会 富士山セミナー」にて、特別講演を行いましたのでお知らせいたします。

日本フットケア・足病医学会は今年7月に、2つの医学会が合併して誕生した、会員数5000名規模を誇る医学会です。9月7日、合併後初めてとなる「第1回 日本フットケア・足病医学会 富士山セミナー」が沼津市で盛大に開催され、そこにヨグマタ相川圭子が招待され、医師や看護師など医療関係者約400名を前に講演を行いました。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MzM5NiMyMjg2MzEjNjMzOTZfSEJwcERmc1VPQi5wbmc.png ]

ヨガ・瞑想の世界の頂点に立つヒマラヤ大聖者の5000年以上の歴史のなかで、初めての女性、かつ外国人であるヨグマタ相川圭子と、最先端の医学会という異色の組み合わせとして、大変注目を集めました。

講演会では、ヨグマタ相川圭子が、「サマディ(究極の悟り)」の境地から見た「いのち」について、わかりやすい言葉で解説を行いました。通常の医学的見地とは異なる視点からの解説に対し、参加した医療関係者からは「初めて聞くような話でとても面白く、刺激的だった」「心にすごく思うところがあった」「(いのちについての)今日のお話を聞いて、生きることはもっと自然体でいいんだと感じた」など、多くの共感をいただきました。

【お問い合わせはこちらまで】

一般社団法人アイカワオフィス 千田正典(ちだ まさのり)・粕川柳子(かすかわ りゅうこ)

TEL: 03-5773-9870 Email: information@science.ne.jp 住所:〒152-0002目黒区目黒本町2-23-16 ロータス碑文谷

【プロフィール 国連が注目する日本人女性 ヨグマタ(=ヨガの母)相川圭子】

1945年山梨県生まれ。10代の頃からヨガや瞑想、健康法に興味を持ち実践。20代でヨガの指導者としてカルチャーセンターなどで活躍、数千人の生徒抱える程に。39歳の時、テレビの取材で来日したインドで最も高名なヨガ・瞑想の指導者パイロット・ババジに出会い、ヒマラヤでの修行に招待される。その後、単身ヒマラヤに渡り、悟りへの道である本格的なヨガの修行を行い、ヨガ・瞑想の究極のステージ「サマディ」に到達。1991年から世界平和推進のため、公衆の面前で悟りの証明と言われている「公開サマディ」をインドで計18回行い、インド中で尊敬を集める。現在、世界各国を周り、法話と瞑想指導を行い、本質的な生き方をガイド。2016年国連本部で開催された「国際ヨガデー」ではインド政府の要請により主賓として挨拶を行う。2016年10月、2017年5月にも国連で開催された平和のイベントで基調講演・瞑想指導を行う。作家としても活躍(著書累計76万部)。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MzM5NiMyMjg2MzEjNjMzOTZfeHJNb2F3T3lPeC5qcGc.jpg

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る