旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

大阪市助成事業「和紙人形の世界II」展が開催。江戸時代の町並みを再現した約8メートルの大作など、手作りの1点ものが350作品展示

2019年09月12日15時00分 / 提供:valuepress

創作家は60代〜80代のシニア層。30年近くにわたって和紙人形の創作を手掛けてきた熟練の技から生み出される作品は、国内外で高い評価を受けています。日本古来の「和紙」を用いて、日本の伝統を次世代に繋げ、そして世界へ広めていきたいと、本展を企画しました。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る