旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

対日理解促進交流プログラム「JENESYS2019」によるASEAN諸国及び東ティモールの青少年スポーツ交流団の訪日

2019年09月10日12時00分 / 提供:valuepress

外務省が推進する対日理解促進交流プログラム「JENESYS2019」の一環として、9月13日から21日まで、ASEAN10カ国(ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)及び東ティモールから、ラグビーに関心を有する青少年(男女)及び各国ラグビー協会役員関係者等の交流団165名が訪日します。
本招へいでは、静岡県を訪問し、ラグビーを通じた国際交流事業を実施します。静岡県の高校生や大学生との学校交流、テーマ関連講義(タグラグビーを用いた日本とASEANの協力、2019年ラグビーワールドカップ、静岡県でのラグビーへの取組み等)の聴講、各国とのタグラグビーの合同練習や交流試合が予定されており、国を越えた国際交流が行われます。

外務省が推進する対日理解促進交流プログラム「JENESYS2019」の一環として、9月13日から21日まで、ASEAN10カ国(ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)及び東ティモールから、ラグビーに関心を有する青少年(男女)及び各国ラグビー協会役員関係者等の交流団165名が訪日します。

本招へいでは、静岡県を訪問し、ラグビーを通じた国際交流事業を実施します。静岡県の高校生や大学生との学校交流、テーマ関連講義(タグラグビーを用いた日本とASEANの協力、2019年ラグビーワールドカップ、静岡県でのラグビーへの取組み等)の聴講、各国とのタグラグビーの合同練習や交流試合が予定されており、国を越えた国際交流が行われます。

9月17日には、外務省表敬、そして、9月20日にはラグビーワールドカップ2019開幕戦の観戦を予定しています。

今回の交流事業を通じて、日本とASEAN諸国及び東ティモールの関係が強化されるとともに、一行が日本の魅力等を積極的に発信することが期待されます。

[参考]対日理解促進交流プログラム「JENESYS2019」

日本とアジア大洋州の各国・地域との間で、対外発信力を有し将来を担う人材を招へい・派遣し、政治、経済、社会、文化、歴史、外交政策等に関する対日理解の促進を図るとともに、親日派・知日派を発掘し、日本の外交姿勢や魅力等について被招へい者・被派遣者自ら積極的に発信してもらうことで対外発信を強化し,我が国の外交基盤を拡充することを目指している。

<日程案>

9月13日(金)

【来日】成田/羽田国際空港より来日

【移動】静岡県へ移動

【オリエンテーション】

9月14日(土)

【テーマ関連講義】ラグビーを通じた国際交流についての講義

【スポーツ交流】タグラグビールール説明、合同練習(混成チーム)

9月15日(日)

【スポーツ交流】合同練習(混成チーム)

9月16日(月)

【文化体験】飛龍高校太鼓交流

【スポーツ交流】フレンドリーマッチ(混成チーム)

【交流会】静岡県庁静岡県ラグビーフットボール協会/日本ラグビーフットボール協会/東海大学付属静岡翔洋高等学校/静岡県立沼津工業高等学校

9月17日(火)

【自治体表敬】静岡県庁にて自治体概要講義

【テーマ関連講義】外務省にて日ASEAN関係にかかる講義

【外務省表敬】

9月18日(水)

【学校交流】静岡県立大学

【学校交流】藤枝順心高等学校/静岡県立沼津工業高等学校/静岡サレジオ高等学校/静岡聖光学院高等学校

9月19日(木)

【テーマ関連視察:国際目標(SDGs)理解】富士山エコパーク

【歴史的建造物視察】三嶋大社

【ワークショップ】

9月20日(金)

【成果報告会】

【ラグビーワールドカップ2019開幕戦観戦】

9月21日(土)

【離日】成田/羽田国際空港より離日

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る